コンタクトレンズの保存液が斎藤慧のドーピングの原因?アセタゾラミドって何なのかガチで検証!

目安時間:約 7分

スピードスケート・ショートトラック男子の

斎藤慧選手が、ドーピング検査で陽性反応を示した問題。

まだ記憶に新しいと思いますが、

「コンタクトレンズの保存液が体内に入った可能性がある」

という話題になっているんですね。

 

そうだとしたら不運としか言いようがないですが…

詳細をまとめてみます。

 

オススメ記事  斎藤慧がドーピング?原因や理由などを徹底考察!

 

スポンサードリンク




目薬にドーピング反応のあるアセタゾラミド?

橋本会長によると、

国内の検査で陰性反応が出た1月29日から、

選手村で抜き打ち検査が行われた2月4日までの

「すべての彼の行動を(連盟は)調査している」という。

 

その中で、米国製の使い捨てタイプのコンタクトレンズの保存液が

「鼻の中に入ったことによって(陽性反応が)出る可能性がある」と言及。

ほかに、合宿施設や宿舎などの調理従事者に

今回検出された禁止薬物の

アセタゾラミドを服用した人がいないかも調べているという。

 

コンタクトレンズの保存液が原因で、アセタゾラミドが検出され、

ドーピング違反が問われたケースは聞いたことがないという。

一方で、使っている点眼薬に禁止薬物が含まれ、

ドーピング検査で陽性を示したケースは日本でもあった。

 

浅川専務理事は

「保存液に禁止薬物が入っていれば、

それが原因で陽性になる可能性はある。

まずは該当のコンタクトレンズの保存液を調べてみるべきだ」

と話している。

 

保存液が鼻の中に入る状況はよく分かりませんが、

結膜炎の目薬を点眼してしばらく経ったあとに、

苦みを感じたことは経験したことがあります。

ということは、この可能性は無きにしも非ずのような…。

 

スポンサードリンク




アセタゾラミドについて調べてみた

アセタゾラミドの効果・効能

問題になっているアセタゾラミドという物質を調べていくと、

以下のような効果や、効能があるようです。

  • 緑内障
  • てんかん(他の抗てんかん薬で効果不十分な場合に追加)
  • 肺気腫における呼吸性アシドーシスの改善
  • 心性浮腫(錠剤および粉末剤)
  • 肝性浮腫(錠剤および粉末剤)
  • 月経前緊張症(錠剤および粉末剤)
  • メニエル病およびメニエル症候群
  • 睡眠時無呼吸症候群(錠剤のみ)

この中で気になったのが、緑内障

緑内障と言えば目の病気ですよね。

ということは、代表選手の中に緑内障の人がいたのでしょうか?

 

アセタゾラミドの作用と利用法

アセタゾラミドは利尿作用を持つが、

主として利尿薬としてではなく緑内障の治療薬として用いる。

ということは、緑内障の治療薬の目薬を誰かが使用していた、

という可能性もあるのでしょうか?

 

スポンサードリンク




緑内障とは?

一応、緑内障について、簡単に調べてみました。

目の病気の一種で、失明の原因になりうるもので、

日本では、最近になって1番目の失明の原因となっている。

眼球の中の圧力である眼圧が高いことが原因と考えられていたことから、

眼圧を下げることで視野障害の進行を停めるという方法をとる。

 

緑内障の治療

緑内障の治療法の一つとして、目薬を使う時があるようです。

内服治療と点滴治療

点眼薬を多剤使用しても、

眼圧降下が十分ではない場合には

アセタゾラミドなどの炭酸脱水酵素阻害薬の内服薬を併用する場合がある。

副作用として四肢末端のしびれ感、食思不振、異味感などがあげられるが、

尿路結石、骨髄抑制などの重篤な副作用もあるため

通常は長期に使用しない。

 

手術までの短期間の眼圧を抑えるため、

手術を希望しない場合、

すでに複数回の手術がなされており

手術による効果が望みにくい場合などに使用される。

 

つまり、緑内障は眼圧が上がる病気で、

その治療のために目薬を短期的に使う時があり、

その目薬の成分の中にアセタゾラミドが入っている、と。

 

ただ、代表選手の中に緑内障の人なんているのでしょうか…?

 

米国製の使い捨てタイプのコンタクトレンズの保存液

もう一つ気になったのが、米国製の保存液という点。

使い捨てコンタクトレンズの「ワンデーアキュビュー」が

有名かもしれませんが、その販売元が、

アメリカの「ジョンソン・エンド・ジョンソン」なんですよね。

で、使い捨てコンタクトレンズって、

使う前は密閉された状態で、保存液に浸かってますよね?

 

もしかしたら、これかもしれないのでは…と思うんですよね。

 

で、斎藤慧選手の写真を見てみると

眼鏡をかけていますが…

眼鏡をかけていない時もあるんですよね。

ということは、試合の時だけコンタクトレンズを付けている

とも想像できますよね?

で、使っているコンタクトレンズがワンデーアキュビューで、

その保存液からアセタゾラミドが検出された…とか?

 

まとめ

色々と仮説を立ててみた結果、あくまで予測ではありますが、

  • 選手の誰かが緑内障説
  • 斎藤選手ワンデーアキュビュー説

の二つが有力のような気がします。

 

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。




comment closed

最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

ページの先頭へ