ホルマリン漬けの赤ちゃんの遺体があったのは文京区の住宅はどこ?以前は病院だったってマジ?

目安時間:約 5分

東京の文京区の住宅の軒下から

ホルマリン漬けになっている赤ちゃんの遺体が

4体も見つかったという、

非常にショッキングな事件がありました。

 

白アリ業者が見つけたとのことですが…

住民や業者側からしたら、たまったもんじゃないですよね。

 

詳細をまとめます。

 

オススメ記事  安藤隼のFacebookや画像は?わらび北町病院の介護士が暴行で逮捕された原因は?

 

スポンサードリンク




赤ちゃんの遺体が見つかったのは東京都文京区

東京・文京区の住宅で11日までに

4人の赤ちゃんの遺体が見つかっていたことが分かりました。

白アリ駆除業者が発見し、

それぞれホルマリンに漬かっていたということです。

 

現場は以前、病院だったとの情報もあり、

現在、警視庁が詳しく調べています。

 

東京都文京区の地図です。

以前、病院だった場所があるのでしょうか?

もしかしたら、地元の方なら知っているかもしれませんね。

 

ただ、仮にそうだとしても、

どうして今までホルマリン漬けになった赤ちゃんが

見つからなかったのでしょうか?

 

一体、何のために?

そして、誰の赤ちゃんなのか?

こう言ってはなんですが、気味の悪い事件です。

 

過去には鹿児島の病院でも…

鹿児島市にある旧産婦人科病院の建物から、

瓶に入れられたホルマリン漬けの胎児の遺体15人分が見つかっていた。

2017年11月14日午後1時ごろ、

産婦人科病院だった建物の解体作業をしていた業者が見つけた。

こういった事例は、よくあるのでしょうか?

ちょっと怖いですが、非常に興味深いですね。

 

また詳細が分かり次第、追記したいと思います。

 

スポンサードリンク




追記

ホルマリン漬けの赤ちゃんが見つかった民家は以前、

産婦人科医が住んでいたようで、病院ではありませんでした。

 

警視庁が詳しい経緯を調べていますが、事件性はないようです。

一部の胎児は体長30センチほどで、へその緒がついていた。

瓶は少なくとも3、4本あるという。

 

民家の元の持ち主の祖父と曾祖母が産婦人科医で、

死産や堕胎した胎児を保管していた可能性がある。

 

祖父と曾祖母は30年以上前に死亡していた。

しかし…それにしても、

ホルマリン漬けにされていたとはいえ、命ですからね、

そのままにしておいたというのは、ずさんな管理というか、

例えば供養をするとか、

せめてもう少し丁重な扱いはできなかったものでしょうか?

 

いつの時代の子なのかも分からない赤ちゃんが、

いきなり地下から出てきたらビックリしますし、

霊感が強い人とかだったら、

かなり大きな問題になりそうな気がしますよね。

 

そこら辺の話は事件から反れるので書きませんが、

何はともあれ、大きな事件ではなくて良かったです。

 

追記2

胎児の遺体が増えていますね…。

まだまだ出てきたりするのでしょうか。

 

なんとなく解決の方向に向かっていると思っていたので、

この展開はちょっと怖いというか、予想外でしたね。

 

事件性はないと言っているものの、早く真相を知りたいですね。


カテゴリ:事件  [コメント:0]



comment closed

最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

ページの先頭へ