レンタルカートの六本木の事故の原因は?マリカーって本当に必要?

目安時間:約 8分

 

30日の夜、

六本木でレンタルカートが歩道に乗り上げ、

飲食店の看板に衝突する事故がありました。

 

ケガ人はいなかったということですが、

以前にもこういった事故がありました。

 

オススメ記事  張仁傑の顔画像は?マリカーに乗って千代田区の交差点でひき逃げ。

 

ユーザーにとっては楽しい乗り物でも、

車には違いはありませんし、

海外からやってきて日本で事故を起こすというのは

あまりいい気分ではないかと。

 

詳細をまとめます。

 

 

 

スポンサードリンク




レンタルカートの事故の詳細

 

先月30日夜、東京・六本木で

レンタルカートが歩道に乗り上げ、

飲食店の看板に衝突する事故がありました。

 

けが人はいませんでした。

 

30日午後7時半ごろ、港区・六本木で、

30代の女性が運転する

レンタルカートが歩道に乗り上げ、

飲食店の看板に衝突する事故がありました。

 

警視庁によりますと、

レンタルカートを運転していたのは、

観光で日本を訪れていた

シンガポール国籍の女性(30代)で、

カート5台で連なって走行していたということです。

 

事故によるけが人はいませんでした。

 

警視庁は今後、運転していた女性に話を聞くなどして、

当時の状況を調べる方針です。

 

 

 

 

報道されているのは

六本木の飲食店というだけで、

どこで事故があったのかまでは特定できていません。

 

 

レンタルカートは海外から来た観光客に

人気があるようですが、

場所が場所という気もしますし、

もう少し走りやすい環境を用意して

そこでレースなどをするべきではないでしょうか?

 

 

楽しむ分には結構だと思いますし、

正直、私も興味はありますが、

今回のような事故があると

どうしても懐疑的な目で見てしまいますし、

何よりも、こんな軽そうな車体だと

普通自動車やトラックなどに衝突したら

一発でアウトだと思うのですが…。

 

 

 

スポンサードリンク




シンガポール国籍の女性のプロフィール

 

 

事故を起こした人物のプロフィールです。

 

名前:不明
年齢:30代

職業:不明

住所:シンガポール国籍

 

顔画像などは報道されておらず、調べてみましたが、

本人の画像と思われるものは見つかりませんでした。

 

 

 

スポンサードリンク




レンタルカートの事故の原因は?

 

 

ハンドル操作を誤った

という報道がされています。

 

 

こんなゴーカートみたいな簡単そうな乗り物で

ハンドル操作を誤ることなんてあるのか?

と疑問に思いましたが、

 

まずそこは置いといて…

 

レンタルカートの最高時速を調べてみたところ

時速60km程度だということです。

 

ということは、原付バイクとほぼ同じです。

 

 

大きな県道や国道で

 

原付バイクのような速度の車が走っていたら、

やはり危ないような気がしますし、

 

法定速度は60kmと定められているものの、

交通量の多い道路では守っていない人も多いでしょうし、

 

やっぱり、こういう小型のカートの運転は

もう少し交通量の少ない道路を走らせるとか、

カート専用の道路などを作る必要があるように思えます。

 

 

マリオのコスプレなどをして、

マリカー気分を味わいたい気持ちは分かりますが、

事故があったら台無しですし、

もう少し安全に楽しめる環境を作るべきではないでしょうか?

 

 

 

 

 

レンタルカートの事故にネットの声は?

 

そういう乗り物もあるんだろうけど、
なんかそのうち事故るんじゃないかと思ってたよ・・
日本の交通事情考えたらやっぱ危険だわな・・

 

 

いい加減、規制するべき。
一般道は遊びの場ではない。

 

 

あれが合法というのがどうしてもわからない。

うるさくて、臭くて、危なっかしくて、暴走族の方がまだ許せるくらい不快と危険を感じる。

 

 

否定的な意見がほとんどでした。

 

私としては客観的に見ていると

「楽しそうだなぁ」と思っていたのですが

いざ現状を目にしている方たちからすると

どうやら不快な気分を味わっている人が多いようです。

 

 

さすがに暴走族よりはマシだろとは思いますが、

こういった事故が定期的にある以上、

何らかの策を講じる必要はあるかと思います。

 

 

 

スポンサードリンク




まとめ

 

レンタルカートができた理由も、

元々は誰かを楽しませたかったからでしょうし、

実際に、それを利用している外国人も多いことから

確実に人気のあるアクティビティなのだと思います。

 

 

ですが、ゆったりした速度で公道を走っていることが、

誰かの迷惑になっているという実情や、

また、実際に事故が起こっている事実がある以上、

迷惑にならない場所で走らせるべきだと思います。


カテゴリ:事件  [コメント:0]



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

ページの先頭へ