菜々緒が肋間神経痛に?原因は治す方法は?

目安時間:約 3分

モデルで女優の菜々緒(29)が14日、

自身のツイッターを更新し、肋間神経痛に悩んでいることを明かした。

フォロワーからは「最近忙しいからかな。体に気をつけてくださいね」

「無理はなさらずに」「お疲れでは?」「過労ですか?」

なとど心配の声が寄せられている。

肋間神経痛とは何なのでしょうか?調べてみます。

>> 続きを読む


黒姫ライジングサンホテルでノロウイルス食中毒!原因は?

目安時間:約 8分

長野県のホテルでノロウイルス集団食中毒

長野県信濃町のホテルに宿泊した子どもを含む86人が腹痛やおう吐などの症状を訴え、長野県はノロウイルスが原因の集団食中毒と断定してホテルの調理施設を3日間の営業停止処分になりました。

長野県信濃町にある「黒姫ライジングサンホテル」の調理施設で、25日まで3日間の営業停止処分。

今月の13日から14日にかけて、スキーをするためホテルに宿泊していた長野市や上田市などの86人が腹痛やおう吐などの症状を訴えており、78人が10代までの子どもで、36人は10歳未満だということですが、いずれも症状は軽いそうです。

配ぜん担当のアルバイト従業員2人からノロウイルスが検出され、長野県は集団食中毒と断定。アルバイト従業員の不十分な手洗いが原因かと思われます。

ノロウイルスは感染力が強いことから、手洗いの徹底や調理器具の殺菌など、食中毒の予防に努めるよう呼びかけています。

 

この時期はインフルエンザも恐いですが、ノロウイルスもかなり厄介で危険です。

 

スポンサードリンク




そもそもノロウイルスとは?

ノロウイルスは手指や食品などを介して、経口で感染し、ヒトの腸管で増殖し、おう吐、下痢、腹痛などを起こします。

健康な方は軽症で回復しますが、子どもやお年寄りなどでは重症化したり、吐ぶつを誤って気道に詰まらせて死亡するケースもあるので、非常に危険です。

 

ノロウイルスの具体的な対策方法は?

1.食事の前やトイレの後などには、必ず手を洗う。

食事の前、トイレに行った後、下痢等の患者の汚物処理やオムツ交換等を行った後(手袋をして直接触れないようにしていても)には必ず手洗いを行いましょう。

常に爪を短く切って、指輪等をはずし、石けんを十分泡立て、ブラシなどを使用して手指を洗浄します。

すすぎは温水による流水で十分に行い、清潔なタオル又はペーパータオルで拭きます。

石けん自体にはノロウイルスを直接失活化する効果はありませんが、手の脂肪等の汚れを落とすことにより、ウイルスを手指から剥がれやすくする効果があります。

消毒用エタノールによる手指消毒は、石けんと流水を用いた手洗いの代用にはなりませんが、すぐに石けんによる手洗いが出来ないような場合、あくまで一般的な感染症対策の観点から手洗いの補助として使用してください。

また、食品に直接触れる際には「使い捨ての手袋」を着用すると良いでしょう。

 

2.下痢やおう吐等の症状がある方は、食品を直接取り扱う作業をしないように

食品への二次汚染を防止するため、食品取扱者は日頃から自分自身の健康状態を把握し、下痢やおう吐、風邪のような症状がある場合には、調理施設等の責任者(営業者、食品衛生責任者等)にその旨をきちんと伝えましょう。

下痢等の症状がなくなっても、通常では1週間程度長いときには1ヶ月程度ウイルスの排泄が続くことがあるので、症状が改善した後も、しばらくの間は直接食品を取り扱う作業をさせないようにしましょう。

 

3.胃腸炎患者に接する方は、患者のふん便や吐ぶつを適切に処理し、感染を広げないように

ノロウイルスが感染・増殖する部位は小腸で、12日以上前にノロウイルスに汚染されたカーペットを通じて、感染が起きた事例もあるそうです。

使い捨てのエプロン、マスクと手袋などを着用し、汚物中のウイルスが飛び散らないように、ふん便、吐ぶつをペーパータオル等(市販されている凝固剤等を使用することも可能)で静かに拭き取ります。

拭き取った後は、次亜塩素酸ナトリウム※(塩素濃度約200ppm)で浸すように床を拭き取り、その後水拭きをします。

おむつ等は、速やかに閉じてふん便等を包み込みます。

また、ノロウイルスは乾燥すると容易に空中に漂い、これが口に入って感染することがあるので、吐ぶつやふん便は乾燥しないうちに床等に残らないよう速やかに処理し、処理した後はウイルスが屋外に出て行くよう空気の流れに注意しながら十分に喚気を行うことが感染防止に重要です。

子どもやお年寄りなど抵抗力の弱い方は、加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱し
て食べましょう。

また、調理器具等は使用後に洗浄、殺菌の徹底を。

 

 

 

簡単にまとめると…

  1. しっかりと手を洗うこと
  2. この時期に下痢や吐き気を感じるときは、無理せずに休むこと
  3. 嘔吐物は感染しないように早めに処理して殺菌をすること

ということですね。

当たり前のことかもしれませんが、飲食店に勤めている方は正しい手洗いを徹底しないといけませんよね。

スポンサードリンク




 

どの時期にノロウイルス食中毒は発生しやすい?

一年を通して発生はみられますが、11月くらいから発生件数が増加しはじめ、12~翌年1月が発生のピークになる傾向があります。

食品中に含まれるウイルスを検出することが難しく、食中毒の原因究明や感染経路の特定を難しいものとしています。

 

ノロウイルスに感染すると、どのような症状になるの?

潜伏期間(感染から発症までの時間)は24~48時間で、主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度です。

通常、これらの症状が1~2日続いた後、治癒し、後遺症もありません。

また、感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。

ですが、吐いた物を喉に詰まらせて窒息して死に至る場合もありますので、注意が必要です。

 

発症した場合の治療法は?

現在、このウイルスに効果のある抗ウイルス剤はなく、体力の弱い乳幼児、高齢者は、脱水症状を起こしたり、体力を消耗したりしないように、水分と栄養の補給を充分に行いましょう。

脱水症状がひどい場合には病院で輸液を行うなどの治療が必要になります。

また、下痢止め薬は、病気の回復を遅らせることがあるので使用しないほうが良いそうです。

 

まとめ

せっかくの楽しいスキー宿泊が、このような結果になってしまいお気の毒です。

幸いなことに、死者は出なかったとのことですが、この時期のノロウイルスや食中毒には十分注意したいですね。

また、インフルエンザの予防も兼ねて、日頃から手洗い・うがいは徹底したいと思います。


干し柿にオリーブオイルをかけて食べると便秘に効果的らしい。

目安時間:約 4分

スポンサードリンク




干し柿とオリーブオイルの組み合わせで便秘解消!?

ジョブチューンという番組のあるコーナーで、

干し柿+オリーブオイルが便秘解消に効く

と紹介されていました。

便秘体質の方には朗報なのではないでしょうか?

取り組み方としても非常に簡単でオススメです!

>> 続きを読む


卵白アレルギーは治るのか?徹底考察!!

目安時間:約 9分

スポンサードリンク




これは卵白アレルギーに苦しむ男の話です

管理人は卵アレルギー。

これが原因で、子供の頃は非常に苦労したし、イジメのような感じでからかわれたりした経験もある。

ちなみに、卵アレルギーとは言うものの、実は数年前までアレルギー検査というものをしたことがなく、生の卵はアウトで、火が通ると食えなくもないレベルという、ざっくりとした感覚だったが、「卵はヤバい」という感覚だけはしっかりとあったので、とにかく卵料理はなるべく食べないように生きてきた。

ちなみに、うずらの卵というものを未だに食べた事がない。

 

実際にアレルギー検査をやってみた

アレルギー検査をやったことがないものの、「卵アレルギーなんじゃないか?」という自覚はあった。

数年前の話になりますが、理由がよく分からないのにどうしようもなく体調が優れない時期があり、診療の一環として、アレルギー検査を受けてみることに。

ちなみに私が試した検査方法は血液検査。

 

アレルギー検査をしてみて、色々と分かったことがあった。

アレルギー検査をすると、項目ごとにアレルギーのクラスというかレベルというか、数値化された結果が出される。

なんとなく身に覚えがあるものが、確信に変わる瞬間というものは、なんとも言葉にしがたいものであった。

 

  • 卵白・・・レベル6
  • 犬・・・レベル4
  • 猫・・・レベル3
  • エビ・カニ・・・レベル3

 

不思議だったのが、卵白という項目。卵黄とか卵とかじゃないんだ、と。

でもこれで卵白アレルギー確定。なるほど、まぁそうだよなw

犬猫アレルギーも身に覚えがある。昔、室内で猫を5匹も飼っているカオスな部屋に遊びに行った時、10分後には喘息で死にかけた記憶があるし。

 

ただ、少し不可思議な点もあった。エビとカニだ。

私はエビとカニは食べられるし、過去にエビやカニでアレルギー反応が出たことはない。

ちなみに私のアレルギー反応は、かゆみや喘息、蕁麻疹などだ。

症状が悪いほど、かゆみ→喘息→蕁麻疹といった具合になる。

子供の頃、ひよこ饅頭で喘息と蕁麻疹で死にかけた…なんてエピソードもある。

 

とまぁ、話は逸れたが、エビとカニはアレルギー反応が出たものの、カニやエビでそういった症状が出た覚えがない。

つまり、アレルギー反応が出たからと言っても、アレルギー確定というわけでもないようだ。

アレルギー反応≒アレルギー

なんだかややこしい話だ。

スポンサードリンク




 

アレルギー検査でレベルが高くてもアレルギーじゃない可能性もある?

アレルギーについて色々と調べていくと、このような記事を見つけた。

 

クラスが上がれば上がるほどアレルギー症状が起きる確率が高くなります。

血液検査クラス0
IgE抗体の濃度が0.34(UA/ml)以下。陰性→アレルギーの疑いなし

・血液検査クラス1
IgE抗体の濃度が0.35~0.69(UA/ml)。疑陽性→アレルギーが起こる疑いあり

・血液検査クラス2
IgE抗体の濃度が0.70~3.49(UA/ml)。陽性→アレルギーが起こる可能性あり

・血液検査クラス3
IgE抗体の濃度が3.50~17.49(UA/ml)。陽性→アレルギーが起こる可能性あり

・血液検査クラス4
IgE抗体の濃度が17.50~49.99(UA/ml)。陽性→アレルギーが起こる可能性あり

・血液検査クラス5
IgE抗体の濃度が50.00~99.99(UA/ml)。陽性→アレルギーが起こる可能性あり

・血液検査クラス6
IgE抗体の濃度が100(UA/ml)以上。陽性→アレルギーが起こる可能性あり

血液検査でクラスが高かったとしても、必ずしもその物質がアレルギー症状を起こしているアレルゲンとは限りません。クラスは高いのに症状がなかったり、逆にクラスはとても低いのにそれがアレルゲンになっていると言うこともあるのだそうです。

花粉症の場合、血液検査のクラスと症状の強さは比例すると言われているので、血液検査だけでも信用性のある結果を期待できますが、その他のアレルゲンに関しては皮膚テスト、食物除去試験・食物負荷試験といった他のアレルギー検査を組み合わせてアレルゲンを判断する必要があります。

血液検査でクラスが高かったとしても直ぐにはアレルゲンと決めつけず、かかりつけの医師と相談の上追加の検査を受けることをお勧めします。

 

なるほど、感覚人間の私としては、基本的に「なんとなく、そんな気がする」感じで生活しているので、この記事は説得力があってありがたかったw

以上のことを踏まえると、エビやカニを食べても何もなかった私としては合点がいく。

 

卵白アレルギーの私はプッチンプリンなら食べられる

ちなみに余談ではあるが、卵白アレルギーの私はプリンが食べられないのだが、何故かプッチンプリンは食べられた。アレルギー反応が起こらないのだ。

この話を知り合いにすると、「本当に卵アレルギーなの?」と疑われることも多かったが、アレルギー反応が起こらないのが何よりの証拠。でも理由はよく分からない。

不思議に思っていたのだが、最近その答えがようやく分かった。

なんとなんと、卵白が入っていないのだ!(卵粉という聞き慣れない謎の物質が入っているが)

この真実に気づいた時、なんとなくこういうお菓子ってヤバそうだなと思ってしまったのだが、話が逸れそうなので割愛しますw

 

卵白アレルギーは治るのか?

卵白アレルギーは治るんだろうか?

治るのならそれに越したことはないし、願わくばこんな体質とはオサラバしたい。

 

経口免疫療法という治療法を見つけたので、記しておきたい。

経口免疫療法とは、経口負荷試験によって症状が誘発される量を調べ、その量を基準にして、専門の医師の管理のもとで段階的に食べる量を増やしながら、最終的に耐性を獲得させることをめざす取り組みです。

要は、アレルギー反応が出ない範囲で少しずつ食ってみて、食べる量を増やしてみましょうってことですね。

 

うん、ハッキリ言って、メッチャ恐い。

 

経口免疫療法で治る割合は?

経口免疫療法で完全に食べられるようになる人の割合がどのくらいかは分かっていませんが、固ゆでの卵1個分程度までなら、かなりのお子さんが食べられるようになります。ただし、1年で達成する人もいれば5年以上かかる人もいます。経口負荷試験をしたとき、より少量で症状が出てしまうお子さんや、血液検査で卵(特に卵に含まれるオボムコイドという成分)の特異的IgE抗体の値が高いお子さんほど、治るまでの時間が長くなります。また、湿疹があると治りにくいので、外用剤でしっかりきれいにしておきましょう。

やはり色々な薬とお付き合いしながら完治させる方法が一番の近道なのだろうか…?

 

まとめ

  • アレルギー反応が出ない程度に少しずつ食べてみましょう
  • 時間はかかるかもしれません
  • 湿疹が出たら薬塗ってくださいね
  • でも治るかどうかは分かりません

 

ということらしい。

まずは信用できそうなお医者さんを見つけるのが良いかもしれませんね。


最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

ページの先頭へ