イタリアのマチェラータで発砲事件!移民者を狙い銃撃。

目安時間:約 5分

イタリア中部マルケ州マチェラータで

3日の午前11時(日本時間同日午後7時)、

車から発砲があり、6名が負傷し、このうち4名は重傷になる

事件が起こりました。

この事件で、マチェラータのカランチーニ市長は

外出をしないよう呼びかけ

市内の公共交通機関も一時ストップと、現地には戦慄が走っています。

 

スポンサードリンク




犯人は何者?

犯人と見られる容疑者の男(同州出身で28歳の男)は

逮捕されており、逮捕時に銃を持っていました。

被害者はいずれもアフリカからの移民で、

容疑者は移民者を狙って銃撃していた模様です。

 

犯人が見つかったことは良いのですが、

この事件を調べていくと、ただの無差別殺人事件ではなく、

闇が深いことが分かりました。

 

現在出ている情報で、今回の事件を簡単にまとめてみました。

 

事件の経緯は…?

容疑者の男は、

過去に、知人に「黒人を撃ちに行く」と話しており、

車で市中心部を移動しながら、

通りを歩いている外国人を次々と銃撃しました。

(乗用車には男が2人乗っていた可能性も)

 

そして、車を乗り捨てて徒歩で逃走し、

イタリア国旗を肩にかけ、ファシストの敬礼を行っていました。

その後、広場にある戦没者記念碑の近くで拘束されています。

 

以上が今回の事件の経緯ですが、

この容疑者は、以前、

反移民政策を掲げる政党から地方選挙に立候補していたようで、

移民の受け入れ問題は3月に行われる総選挙の争点にもなっており、

今回の暴挙に出たのではないかと見られています。

 

今回の事件に、

移民排斥や人種差別問題を指摘する声が出ています。

 

また、マチェラータでは先月下旬、

18歳のイタリア人女性がバラバラにされた殺人事件も起きており、

ナイジェリア国籍の男が逮捕されています。

 

人種差別問題は、様々な国で深刻化しているんですね。

まさか「肌の色が違うから…」なんて理由で

今回の事件が起こったとは考えられにくいですが、

どうしてこうも、無益な争いが起こってしまうのでしょうか?

移民問題も深刻化されていますが、

どうにか世界が平和に暮らせる方法があればいいんですがね。

 

そして、私がもう一つ気になったのがこちら。

 

「ファシストの敬礼」

 

これは一体、何のことなのでしょうか?

調べてみました。

スポンサードリンク




ファシストの敬礼とは…?

ローマ式敬礼(ローマしきけいれい)とは、

ローマ帝国のローマ軍団の敬礼方式で、

腕を前に真っ直ぐに伸ばし、手のひらを下にし、指先を伸ばす。

「ナチス式敬礼」とも呼ばれる。

第二次世界大戦後は、

このジェスチャーはドイツとオーストリアでは犯罪として禁止され、

イタリアでも制限されている。

 

これですね。

 

ヒトラーといえば、このポーズ…ぐらい有名なやつですね。

 

ちなみにドイツでは、このポーズが犯罪扱いされてしまうので、

授業中の挙手はこのポーズではなく、

こういったジェスチャーなんです。

徹底してますね。

 

 

それでは、ネットの声をまとめてみました。

 

ネットの声は?

  • 移民問題は問題になっており、差別する訳ではなく、区別が必要だと思う。
  • 結局移民政策に失敗した先にあるのは憎悪と治安崩壊かと。
  • マフィアかと思ったらファシストか。
  • 選挙に立候補する人間がすることではない。
  • (バラバラ殺人事件への)報復なのでは?

と、手厳しい意見が飛び交っていました。

 

やはり移民問題は簡単には解決できない、難しい問題なんですね。

ただ、人を殺しては何の解決にもならないので、

殺人以外での平和的な解決法があれば、それが一番良いですよね。

カテゴリ:事件  [コメント:0]

名古屋市昭和区円上町で火災。60代男性1人が死亡し、瑞穂区でも…

目安時間:約 4分

名古屋市昭和区で住宅で火事があり、男性1人が死亡しました。

詳細をまとめてみました。

 

スポンサードリンク




場所は名古屋市昭和区円上町

2日の午後9時35分ごろ、

昭和区円上町の住宅で「煙が見える」と

近くに住む人から消防に通報があったとのこと。

 

火と煙は、およそ30分後におさまり、

火元の住宅の台所で、

60代ぐらいの男性が心肺停止状態で見つかり病院に運ばれ、

その後、死亡が確認されました。

 

火事の現場は、

名古屋市昭和区円上町の木造平屋2軒棟続き。

東側の1棟を焼き、付近の建物への延焼はなく、

ほかにけが人は確認されていないということです。

 

昭和署によると、

部屋には60代の男性が1人で暮らしていたとの情報がある。

付近の住民女性が煙に気付き、119番した模様。

 

名古屋では瑞穂区のアパートでも火事が…

2日午前0時前、名古屋市瑞穂区鍵田町のアパート

「ニューコーポタミヤ」の2階の部屋から出火。

火元の部屋およそ20平方メートルが全焼し、

焼け跡から、男性が意識不明の状態で救急搬送され、

その後死亡しました。

体が不自由な男性が住んでいたとみられ、

警察がこの男性とみて身元の特定を急いでいるとのこと。

スポンサードリンク




冬の火災対策としては…?

最近では、防火機能の付いた

電気ストーブや電気ヒーターが普及していますが、

「暖房器具の火災」はまだまだ多く、

現状としては、

  •  電気(石油)ストーブ
  •  こたつ

が原因の事故が多くなっています。

 

電気(石油)ストーブの出火原因は、

ストーブにモノを近づけてしまい出火する事故や、

長時間の使用でストーブ自体が過熱してしまい

オーバーヒートしてしまった火災事故などがあります。

特に、石油ストーブの場合は、

使用方法を間違えるとすぐに石油に引火してしまうのでとても危険です。

また石油ストーブは、

一酸化炭素中毒による事故のリスクも多くなっていますので、

ストーブの取り扱いには十分注意してください。

 

こたつの場合は、こたつの中で洗濯物を乾かしたり、

長時間こたつの中に可燃性のモノを置くことで火災になってしまう

ことがあります。

特にこたつは電源の消し忘れをする方が多く、

夜眠っている間に火災が発生してしまうケースも。

こたつの中にモノを詰め込みすぎたり、

電源を消し忘れたりする事には十分注意が必要です。

 

私はこたつの中で洗濯物を乾かしたことはありませんが、

電源の消し忘れは、よくやってしまうことがあるので、

大惨事にならないよう、肝に銘じておこうと思いました。

 

まとめ

名古屋では連日火災が人が亡くなっており、

他人事ではありませんね…。

この時期はストーブを使う機会も多いので、

火災が起こりやすく、火元には十分気を付けたいものです。

室内で部屋干しなどをする際は、

ストーブの上で乾燥させる行為は危険ですので、

絶対にやめてください。

たとえ服が乾かなくても、命には代えられませんので…。

カテゴリ:事件  [コメント:0]

田代将臣の違法賭博店、大阪ミナミのアップサイドで22名もの逮捕者!

目安時間:約 5分

大阪のミナミで、バカラ賭博をしたとして、

計17名も逮捕者が出たそうです。

事件の詳細をまとめてみました。

スポンサードリンク




 

場所は大阪ミナミのUPSIDE(アップサイド)

大阪・ミナミの雑居ビルで客にバカラ賭博をさせた違法賭博店は、

場所は、大阪市中央区東心斎橋2のバカラ賭博店「UPSIDE(アップサイド)」で、

容疑者は、田代将臣(まさおみ)(44)大阪市浪速区塩草2。

田代容疑者を含め、20~60代の男の計17人が賭博開張図利の疑いで

逮捕されている。

田代容疑者は容疑を認めている。

 

 

昨年10~12月に、チップやトランプカードを使って

客にバカラ賭博をさせた疑いで、

客の男5人も単純賭博の疑いで現行犯逮捕されている。

 

警察からの摘発を警戒し、店のドアは鋼鉄製で、

事前に登録した客の顔をカメラで確認してから入店させていた。

 

バカラ賭博は、1回につき1000円から100万円を賭けることができ、

暴力団に資金が流れていなかったかなどを警察は調べる方針。

 

同4月~今年1月の間に、

少なくとも1億5000万円を売り上げていたのではないかと見られている。

関係書類には水溶性の紙が使われ、店内からは水に溶けた紙が見つかった。

そもそもバカラって何?

バカラはカジノゲームの一種で、トランプが使われ、

高額な掛け金をかける人が多い。

バカラはカジノゲームの中でも大金が動くゲームのため、

多くのカジノではVIP待遇でもてなすバカラ専用の部屋を用意している。

なお、日本においては野球賭博と同様、違法とされている賭博である。

 

バカラのルールとは?

バカラとは、「バンカー(banker、胴元役)」と、

「プレイヤー(player、客役)」の、仮想の二人による勝負で、

どちらが勝つかを客が予想して賭けるゲーム。

 

実際にゲームをプレイしているのは仮想の人物であるため、

客が出来ることは予想することだけで、

それ以外でゲームに介入することが出来ない。

 

ゲームに参加した人たちは「プレイヤー」側が勝つか

「バンカー」側が勝つか予想し賭ける。

また、「タイ(tie)」といって、

勝負が引き分けに終わるという結果に賭けることも出来る。

 

  • プレイヤーサイドにベットした場合

プレイヤーが勝利すると、

ベットした金額と同額、つまり賭けた金額の1倍が配当される。

 

  • バンカーサイドにベットした場合

バンカーが勝利するとベット額の等倍の金額から

コミッションが差し引かれたものが配当となる。

コミッションが5%の場合、$100ベットしていた場合には$95が配当となる。

 

  • タイにベットした場合

ゲームがタイで終了すると、

タイベットの配当オッズに従った配当がされる。

このオッズはカジノによって異なるが8倍であることが多い。

8倍の場合、$100ベットしていた場合には$800が配当となる。

 

カジノ運営の際、胴元は全てのゲームで

寺銭(居酒屋の席代のようなもの)を徴収する。

この寺銭は顧客感情を配慮し、

ルール設定や配当オッズと言う形で半ば隠蔽され、

長期的に徴収されるのが常なんだとか。

 

1日何万ゲームをこなすカジノにおいては、

このような方式であっても長期的に利益が発生し、顧客に損失が発生する。

これはバカラの場合においても同様で、

「コミッション」と言うルール設定に寺銭が設定されている。

 

なるほど…結果的には、

お客さんが損をするシステムになってるんですね!!

物は言いようというか、うまいことできてるんですねぇ…。

 

まとめ

こういう違法カジノ店って、全国にどれぐらい存在するんでしょう?

まだまだ氷山の一角の気がしますが、

こういった物騒なものは世の中から減ってほしいですね。

カテゴリ:事件  [コメント:0]

北九州小倉営業所で青酸ソーダ1kgが盗難!?5千人分の致死量!!

目安時間:約 4分

山口県下関市の小倉営業所で、

シアン化ナトリウム(青酸ソーダ)約1キロがなくなったそうです。

5千人分の致死量に相当し、紛失または盗難とみられているんだとか。

詳細を調べてみました。

 

青酸ソーダ1kgが盗難!?

北九州市は31日、小倉北区の化学薬品卸業者から

シアン化ナトリウム(青酸ソーダ)約1キロがなくなったと発表した。

5千人分の致死量に相当し、紛失または盗難とみられるという。

 

紛失したのはコタベ(山口県下関市)の小倉営業所。

31日午前10時ごろ、営業所内で

500グラム入り容器2本がなくなっているのに従業員が気づき、

市保健所に報告した。

 

シアン化ナトリウムは専用の倉庫で保管しており、

業者側の説明では30日朝の確認では異常がなかった。

倉庫は施錠されていたという。

 

市保健所は、毒劇物取締法に基づき、

警察に届け出るよう同社に指導したという。

 

青酸ソーダは…名前を聞いたことはありますが、

こんなものを盗んで一体どうするんでしょうか?

テロにでも悪用されたら、とんでもない事件になりそうですね…。

 

シアン化ナトリウム(青酸ソーダ)とは?

  • 化学的および生理的性質はシアン化カリウム(青酸カリ…毒物の代名詞的存在)に類似している。
  • 鍍金(ときん)(金属または非金属の表面を他の金属の薄膜で覆うこと。)や、工業的に広く用いられる。
  • 脊椎動物がこの物質を摂取すると、細胞死を引き起こすとされる。
  • 毒物及び劇物取締法で、毒物に指定されている。
  • 経口致死量は成人の場合 200~300 mg/人 と推定されている。

 

かなり危険なものが、紛失か盗難されたことがお分かりかと思います。

紛失なら、もしかしたらどこかから出てくるかもしれませんが、

盗難されていたら…と考えると、気が気でないですね…。

 

シアン化ナトリウム(青酸ソーダ)で過去にはこんな事件も。

2015年8月12日に、中国天津市の倉庫で大規模な爆発事故が起こり、

シアン化ナトリウムが流出。

倉庫には、硝酸アンモニウム約800トン、硝酸カリウム約500トン、

シアン化ナトリウム類約2000トンなど保管されており、

消防隊による化学物質への放水が爆発の原因とされた。

爆発の影響で避難所となっていた小学校にいた住民たちが

再度避難することになった。

また、救援作業中の部隊は爆発現場の半径3キロメートル以内から

緊急避難するよう命じられた。

 

周辺住民も含めて死者165人、行方不明者8人、

負傷者798人の惨事となった。

 

事件が起こったのは中国ですが、

このニュースはかなり衝撃的でしたね。

深刻な事態にならないように祈るばかりです。

 

ネットでの反応は?

  • 超絶にマズい事件だと思うけど。
  • おいおい…五千人に影響出たらどうすんだよ?
  • 地下鉄サリン事件みたいに使用されたらと思うと怖すぎる。
  • 5千人って、テロに使われたら大変…。
  • 仮想通貨紛失よりヤバいと思う。

ネットでも非常に戦々恐々としていますね。

 

シアン化ナトリウムが悪用される前に、

一刻も早く犯人か現物が見つかることを願っています。

カテゴリ:事件  [コメント:0]

岡部容都子が息子の交際相手に売春。生活費を稼げ!

目安時間:約 3分

17歳の少女に売春をさせた55歳の女が逮捕されました。

売春を強要するのも異常ですが、今回の事件はとにかく異常性が強く、

一体どんな神経をしてるんだか理解に苦しみます。

事件の概要をまとめてみました。

 

息子の交際相手に売春を強要!

逮捕されたのは、岡部容都子(おかべ いつこ)容疑者(55)。

2016年12月頃、当時17歳の少女に、

東京・豊島区のホテルで50代の男と売春させた疑いが持たれており、

被害にあった少女は、なんと岡部容疑者の長男(18)の交際相手!

Twitterで客を募り、2016年12月から2か月ほどの間に20回以上売春させ、

約70万円を得ていたそうです。

 

Twitterで集客して売春をさせるとは、ずいぶん用意周到で計画的ですね。

しかも息子の交際相手に売春させるとは、一体どんな神経をしてるんでしょうか…?

一番気の毒なのは被害にあわれた少女ですが、

息子さんはどういった心境だったんでしょう?

なぜ売春をやらせた?動機は?

「生活費を稼げ」と脅していたようです。

岡部容疑者は「少女が勝手にやっていた」と容疑を否認しておりますが、

児童福祉法違反などの疑いで逮捕されています。

家出中だった少女にタバコの火を押しつけ、「殺すぞ」と脅し、

二十数人の相手をさせていたという。

また、少女には、食事として1日に、おにぎりを1つしか与えていなかったとか。

 

もう奴隷のような扱いですね…。

人間を何だと思ってるんでしょうか?

おまけにタバコの火を押し付けるとか、完全に傷害ですよね。

まだ若い女の子の心も体もボロボロに傷付けて、最低の親ですね。

もしも自分の親がこんな人間だったら…と思うとぞっとします。

 

体の傷は治りますが、心の傷はなかなか治りませんよね。

一日も早く、少女の傷が癒えて元気になってくれることを祈っています。

 

まとめ

この母親に、極刑を望む。

カテゴリ:事件  [コメント:0]

ページの先頭へ