サスキア・アルサルのinstagramは?出場競技や試合日程などは?

目安時間:約 4分

平昌五輪、始まりましたね!

平昌五輪の開会式では、

エストニアの旗手が美人すぎる!と話題になっていますが、

この女性は誰なのか?SNSはやっているのか?

また、どの競技に出場するのか?など、

調べてみました。

 

スポンサードリンク




美人旗手の名前はサスキア・アルサル(Saskia・Alusalu)


美人すぎる旗手の名前は、

サスキア・アルサル選手です!

 

簡単なプロフィールをまとめてみました。

生年月日:1994年4月14日
身 長:176cm
体 重:64kg
競 技:スピードスケート
代表国:エストニア

 

ということで、サスキア・アルサル選手は、

エストニア出身のスピードスケートの選手で、

今回がオリンピック初出場とのこと。

 

旗手を務めただけでこれだけ目立ってしまうのも、

やはり美人だから、ということなんでしょうね!

身長が176cmもあるとは、モデルさんみたいですね。

 

スポンサードリンク




サスキア選手のInstagramはあるの?

サスキア選手のアカウントと見られる、

SNSを調べてみました。

 

サスキア選手のInstagram

サスキア選手のTwitter

サスキア選手のFacebook

 

どれも定期的に更新しているようで、

Twitterはさすがに英語だったので翻訳できませんが、

Instagramなどは定期的に画像がアップされており、

ファンの方は、この際にフォローしてみてはいかがでしょうか?

 

🎶 But I hear sounds in my mind, brand new sounds in my mind...🎶 #greenlight

Saskia Alusalu 🇪🇪さん(@saskiaalusalu)がシェアした投稿 -

 

サスキア選手の試合日程は?

さて、気になるサスキア選手の

試合日程に関してですが、

なんと、選手名鑑には出場種目が記載されておらず…

現時点では

  • 女子1000m
  • 女子1500m
  • 女子5000m
  • 女子マススタート

の出場が予想されます。

 

試合日程はですが、

女子1500mは、

2月12日(月)21:30~

女子1000mは、

2月14日(水)19:00~

女子5000mは、

2月16日(金)20:00~

女子マススタートは、

2月24日(土)20:00~、決勝は21:30~

となっています。

 

日本選手の応援もお忘れなく!


平昌五輪開会式に人面鳥が現る!(画像あり)

目安時間:約 3分

平昌五輪、いよいよ開幕しましたね!

そして、どうやら開会式から、

とんでもないサプライズがあったようで…。

 

なんでも人面鳥が現れたようで、

Twitter上が歓喜というか狂気というか、

とにかくSNSを非常に賑わせています。

スポンサードリンク




韓国の地に、人面鳥、現る!

 

かなりパンチの効いたキャラクターですね。

そのあまりの強烈な風貌が話題となり、ネット上では、

  • 「あの人面鳥はインパクト強すぎる」
  • 「人面鳥の顔がリアルすぎて怖い」
  • 「絶対夢に出てくる」
  • 「怖すぎて子どもが大泣きした」

などの声が上がったと、平昌五輪の開会式は、

いろんな意味で大盛り上がりをしています!

スポンサードリンク





 

追記

人面鳥の詳細が明らかになりました!

報道各社に配られた開会式のガイドブックによると、

人の顔をした鳥は高句麗時代(紀元前1世紀~7世紀)の

壁画に描かれており、

韓国の神話に出てくる不死鳥の元になったという。

韓国で不死鳥は「平和な時代にしか現れない」とされていることもあり、

「平和の祭典」をうたう五輪の開会式に起用されたと思われる。

なるほど、平和の鳥なんですね。

日本で言う、「幸せの青い鳥」的な感じなんですね。


平昌五輪で葛西紀明、ファスナー全開でジャンプ!(画像あり)

目安時間:約 3分

平昌五輪ジャンプ男子ノーマルヒルで

予選通過を果たしたレジェンド葛西紀明が、9日にブログを更新。

ジャンプスーツのファスナーを締め忘れて飛んだという、

これまたレジェンドクラスの珍事件が話題になっています。

画像ありで詳細をまとめてみました。

 

>> 続きを読む


オレクシイ・ビチェンコって誰?イスラエル代表、男子フィギュアSP2位の大活躍!

目安時間:約 4分

 

フィギュアスケートで1位の宇野昌磨選手に続き、

2位の好成績をあげた、

イスラエル代表のオレクシイ・ビチェンコ選手

これは、宇野選手にとって、

新たなライバルの出現になるのでしょうか?

 

彼は、どういった選手なのか、詳細をまとめてみました。

スポンサードリンク




ビチェンコ選手はウクライナ生まれのイスラエル代表選手

ビチェンコ選手のプロフィールを、簡単にまとめてみました。

 

オレクシイ・ユーリエヴィチ・ビチェンコ選手は、

1988年2月5日のウクライナ・キエフ出身で、

2014年のソチオリンピックでは、イスラエル代表として出場しています。

また、2016年の欧州選手権では、2位の成績を収めています。

 

【主な経歴】

2009-2010シーズンを最後に、

試合への出場機会を求めイスラエルに移籍

 

2011-2012シーズン

初出場した欧州選手権では22位、

世界選手権では29位を収めています。

 

2014シーズン

ソチオリンピックの最終予選であるネーベルホルン杯で、

イスラエルの出場枠を獲得。

ソチオリンピックでは21位の成績。

 

2016-2017シーズン

ロステレコム杯(ロシアで開催されたフィギュアスケートの国際競技会)

では、銅メダルを獲得。

※イスラエルの男子選手のグランプリシリーズでのメダル獲得は、

ロマン・セロフ以来15年ぶりの快挙!

 

元々はウクライナ生まれで、

フィギュアのためにイスラエルに移籍されたとは、

なかなかの苦労人なんですね。

 

そして、ソチオリンピックでは21位と、

残念ながら成績は振るいませんでしたが、

今回の平昌では、大躍進したということなんですね!

平昌五輪男子ショートプログラム(SP)では、大健闘の2位!

こちらは引用を交えます。

 

曲は「ハバ・ナギラ」

冒頭のトリプルアクセルをきれいに降りると、

4回転トウループも着氷。

3回転ルッツ-3回転トウループも降り、ジャンプを全部そろえた。

曲に乗って最後までスピード感のある演技を見せ、

演技後は笑顔を見せた。

自己ベストを記録し、この時点で首位に立った。

得点は88.49点(技術点47.59点、演技構成点40.90点)。

 

日本以外の選手だと、

パトリック・チャン選手などは知っていましたが、

ビチェンコ選手はまったく知りませんでした。

 

平昌五輪では、台風の目にもなりかねない選手ですし、

宇野選手や羽生選手、田中選手の

ライバルにもなりかねない強豪選手の出現ですね!


小平奈緒、練習でレコードタイム!李相花の五輪記録を抜けるか?

目安時間:約 4分

スピードスケートのタイムトライアルが7日に行われ、

金メダル獲得の期待が懸かる、女子エースの小平奈緒(31)は、

参考記録ながら500メートルで37秒05をマークし、

低地リンクでのベストタイムを“更新”し、

五輪2連覇中のライバル・李相花(韓国)が持つ

オリンピックレコードも上回ったとして、話題になっています。

 

本番に合わせて、キッチリと調整できるところが、

やはりプロですね。

詳細をまとめてみます。

記録会で五輪記録を更新

37秒28の五輪記録を上回る、37秒05。

会場の電光掲示板に五輪記録を意味する「OR」の文字が出たが、

小平は「すごいタイムじゃない」と一言。

「まだまだ修正点はある。もちろん号砲が鳴れば全力だけど、

振り返ると冷静にいろいろ考えていた」とコメントし、

さらに好タイムを出せる余地はあるとしている。

 

五輪記録は、韓国のライバル李相花の37秒28

従来の五輪記録は、

2014年ソチ大会で李相花がマークした37秒28。

同じリンクで行われた昨年2月の世界距離別選手権で、

その李相花に0秒35の大差をつけて優勝したときの37秒13も上回った。

昨年11月のW杯第2戦で出した低地での自己ベストの37秒07も超えた。

 

この日、李相花は出場しなかったが、

小平は出場13選手中、断トツのトップタイム。

「500メートルへ上げていく意識で。3種目、帯でピークを合わせたい」

と話した。

「本番の歓声があれば、もっと体が燃える」とコメント

スポーツ報知では、

小平奈緒の女子500メートル、1000メートルが

金メダルを取るのではないか?と予想しており、

絶対的なエースに大きな期待がかかっている。

 

正直、本番前から

あまり過度な期待をするのはどうかとは思いますが、

でも、こういったプレッシャーを跳ね除けてしまえるのが、

本当に強い選手だと思います。

 

本番でのオリンピック記録の更新も楽しみですね!

 

追記(2/18)

小平選手、見事に金メダル獲得しましたね!!

練習の時に出たレコードタイムが、37秒05でしたが、

本大会では、なんと36秒94の五輪新記録!!

 

本番前の練習の時点で、

すでに体はだいぶ仕上がっていたとは思いますが、

本番でそれをさらに上回るパフォーマンスを見せられるなんて、

やはり、ここがプロフェッショナル!!ということでしょうか?

 

練習ではいいタイムが出せても、

本番は緊張からのプレッシャーなどで、

良いパフォーマンスを見せられない選手もいる中で、

これだけの結果を出せたというのは、スゴイの一言ですよね!

 

以下、小平選手のコメントです。

小平奈緒選手のコメント

「周りが何も見えないくらいうれしいです。

考えないようにしていたこともあったが、

全て報われたような気持ちです。

(コーチと)二人三脚ではなくて、

学生だとか同じチームの人たちが私を支えて下さったので、

皆にありがとうと伝えたいです。

最初から集中して、自分の持ち味を出し切れたレースだったと思います。

獣かどうか分からないですけど、

躍動感あふれるレースができたと思います」

 

1000メートルの銀メダルに続く、金メダル獲得!

本当におめでとうございます!!


最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

ページの先頭へ