富士山に登山してみたいけど、初心者でも日帰りで行けるの?

目安時間:約 8分

 

 

一度は富士登山を

してみたいと思っているけど、

登山経験もないし、

何を準備したらいいのかわからない。

 

費用はどのくらいかかるのか?など、

不安がたくさんあります。

 

 

初めて富士登山をする場合に、

必要な情報を紹介していきます。

 

 

 

スポンサードリンク




富士山に登山したい初心者は、まずどんな準備をしたらいい?

 

 

 

富士登山に必要な準備は

いくつもあります。

 

登山をする前にするべき準備を

紹介していきます。

 

 

富士山に登れる期間

 

富士山に登れる期間は

1年間に2ヶ月と決まっています。

 

その期間以外は、

トイレ・山小屋・売店・バスツアーが

無くなってしまいます。

 

路線バスも減ってしまいます。

 

初心者はスケジュールを確認して、開山中に登山しましょう。

 

 

 ルート  開山期間  備考
吉田ルート
(山梨県側)
 7月1日(日) ~ 9月10日(月) 下山ルートは9月11日の午前中まで通行可能
須走ルート
(静岡県側)
 7月10日(火) ~ 9月10日(月)  
御殿場ルート
(静岡県側)
 7月10日(火) ~ 9月10日(月)  
富士宮ルート
(静岡県側)
 7月10日(火) ~ 9月10日(月) 5合目~6合目間は6月8日
9時より開通
山頂【お鉢巡り歩道】  7月10日(火) ~ 9月10日(月)

 

 

 

地図は必須

 

地図を用意しましょう。

 

ルートや登山口の名前はいくつもあります。

 

富士山は有名な山で登山客も多いですが、

遭難や滑落事故が

起きていないわけではありません。

 

安全のために、

大きな地図は必ず準備しましょう。

 

 

 

4つのルート

 

富士登山には

4つのルートがあります。

 

登山道の様子、山小屋やトイレの数、

山頂までの距離や交通の便など、

ルートによって違います。

 

きちんとルートを調べて、

登山プランを立てましょう。

 

 

 

山小屋の予約

 

8合目で1泊して、

ご来光を見るパターンは人気があり、

山小屋は早くから満室になってしまいます。

 

もし1泊2日のプランでの

登山をしたいのでしたら、

すぐに山小屋を予約しましょう。

 

 

 

持ち物の確認

 

持ち物や服装は

入念に準備しましょう。

 

登山靴やカッパ、

寒さ対策の長袖シャツやフリース、

飲み物や携帯食など、

必要な備品は多いです。

 

それは全て、

安全に楽しく登山するために

必要なものです。

 

入念に調べて、準備しましょう。

 

 

 

スポンサードリンク




富士山に登山する初心者。費用は総額でどれぐらいかかりそう?

 

 

 

富士登山に必要な備品は

たくさんあります。

 

準備するのにかかる費用は

どのくらいなのか、気になると思います。

 

物によって値段は変わりますが、

登山ショップで揃えた場合の金額

紹介していきます。

 

 

  • 登山靴は1万円〜
  • 登山用靴下は800円~

 

  • 防寒着は7千円〜
  • リュックサック(容量30ℓ+α)のもので5千円〜

 

  • トレッキングポール(ストック)は5千円〜

 

ちなみに、富士山の土産物店で

金剛杖が1千円ほどで売られていますが、

持ちにくくかさばってしまうので、

トレッキングポールをお勧めします。

 

 

  • レインウェアは上下別のもので1万円〜

 

山は天気が急変しやすく、

雨に濡れると体が冷えてしまいます。

 

安いものは汗を逃すことができず、

ベタつきは体の冷えにつながります。

 

 

以上のものは

身の安全を守るものなので、

登山ショップで店員さんと相談しながら

購入するのがオススメです。

 

 

行動食として

飴やドライフルーツなど、

サッと食べられるもの、

飲み物は1ℓほどを持参して、

途中の山小屋で買い足すようにしましょう。

 

500mlのペットボトルが

5合目では200円、

山頂では500円になります。

 

 

トイレは有料の場合が多いので、

100円玉を多めに用意しておきましょう。

 

 

そのほかにも

必要な備品はたくさんありますが、

Tシャツやタオルなど

自宅にあるもので

まかなえるものもあります。

 

 

以上のものを用意しようとした場合に

かかるお金は、約4万5千円です。

 

 

 

まとめ

 

意外とお金がかかるのと、

今後、登山をするか分からないという方は

レンタルサービスを利用する

という方法もあります。

 

オススメ記事  東京観光・女子に人気の穴場スポットや人気ランキング

お店によって値段は違いますが、

装備については

約1万円前後で借りることができます。

 

 

安全に登山するためにきちんと調べて、

楽しい登山にしてください。


カテゴリ:旅・観光  [コメント:0]



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ