岐阜県海津市、虐待で逮捕された原因は日常的に暴力を繰り返していたダメ親父の性格か?

目安時間:約 4分

岐阜県海津市に住む35歳の義理の父親が、

8歳の長男の口を塞ぎ、

首を締めるなどの虐待をした疑いで、逮捕されました。

 

子供への虐待、多いですね。

一体、何が原因なのでしょうか?

事件の詳細をまとめます。

 

オススメ記事  京都・安寿の里で複数の職員が虐待!原因や理由は…?

 

スポンサードリンク

事件があったのは岐阜県海津市

海津警察署によりますと、

逮捕された海津市に住む自動車部品製造業の35歳の男は、

2月14日から17日にかけて、

自宅で、妻の子で、小学2年生の長男に対し、

首を掴んで押し倒した上、

右手で口を塞ぎ、左手で首を締めるなどの

虐待を加えた暴行の疑いが持たれています。

 

スポンサードリンク

義父は日常的に虐待を繰り返していた?

この事件は、こども相談所から、

「児童が虐待を受けている可能性がある」

と警察に連絡があり発覚しています。

 

警察の調べに対し、

「口は塞いだが首は絞めていない」などと

容疑を一部否認しています。

 

しかし、去年9月にも、6歳の次男を木製バットで殴りつけたとして

逮捕、起訴され罰金刑を受けていました。

警察は、男が日常的に2人の息子に虐待を繰り返していたとみて

事件の経緯を詳しく調べています。

 

事件をまとめると

  • 長男の首を掴んで押し倒したり、右手で口を塞ぎ、左手で首を締めた
  • 6歳の次男を木製バットで殴りつけた
  • 義父は容疑を否認しているが、過去に逮捕されている

ということですね。

 

体罰の一環としてはやり過ぎのように思えますし、

木製バットで殴る時点で、これは明らかな暴力で虐待だと思いますし、

これは教育ではなく、犯罪です。

また、以前に逮捕されている状況からして、

日常的に暴力をふるっていた可能性も

大いに考えられるのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

義父と子供の関係が原因か、それとも短気な性格なのか?

義父と子供という関係も気になります。

子供が懐かなかったのか?

それとも、義父が子供を好きじゃなかったのか?

だったら母親は何をしていたのか?

または、母親も義父に暴力を受けていたのか?

そういったことも考えられます。

 

また、物で子供を殴る時点で、

気が短いタイプなのでは、と思います。

自分より弱い者に対して、こんなことをする人間は、

もう少し人としての付き合い方を考えたほうが良いかと。

 

まとめ

まだ実名報道がされていないのですが、

詳細が分かり次第、追記したいと思います。

カテゴリ:事件  [コメント:0]



comment closed

ページの先頭へ