ジョギングの効果はいつから?効果的な走り方や期間について

目安時間:約 5分

 

 

見た目のために、また健康のために

ダイエットをしようと決意したなんて方は

日々増えているのではないでしょうか。

 

せっかくダイエットをするなら

食事制限だけではなく、

運動でも効果を出したいですよね。

 

 

そんな中で気軽に始められるのは

ジョギングなのではないでしょうか。

 

ただ、いくら長い時間、

長い距離をジョギングしたとしても、

正しいフォームや走り方をしていなければ、

なかなか効果を得ることはできません。

 

 

そこで、今回はジョギングの効果的な走り方、

そしてそれを守れば

どれくらいで効果が表れるのかについて

伝えていこうと思います!

 

 

 

スポンサードリンク




ジョギングの効果的な走り方や姿勢について

 

 

 

それではジョギングの

効果的な走り方、姿勢について紹介していきます。

 

 

ジョギングは基本的には

「良い姿勢」で行うことを心がけましょう。

 

良い姿勢とは

日頃の生活でも意識するような姿勢

のことを指しています。

 

 

ジョギングの間は背筋を伸ばし

胸を張りながらも肩の力を抜きます。

 

そして少しスピードを上げるときには

上体だけ前に傾けましょう。

 

その時に顔や目線が

下に向いてしまわないように意識しましょう。

 

脇は広げすぎないようにして、

「前に前に」進もうとするのではなく

足が自然に前に出ていく

というような気持ちで行いましょう。

 

また、ジョギングの間は

ぴょんぴょん跳ねることのないように意識してください。

 

 

 

スポンサードリンク




ジョギングの効果が出るまでの期間は?

 

 

 

ジョギングで大切なのは

「マイペースなスピードで走る」ということです。

 

特に、初めのうちは無理をしない

ということですね。

 

 

効果を得たいがために速く走っても、

心拍数が上がりすぎて

ジョギングでのダイエット効果を出すのは

難しくなってしまいます。

 

 

そして、気になる

ジョギングの効果が出るまでの期間ですが、

最低でも3ヶ月はみておいた方がいいでしょう。

 

これよりも早い段階でやめてしまうと

せっかくジョギングを始めても

効果が得られずにもったいないです。

 

そして1年ほど続けると

ダイエットとしての効果をかなり期待できるでしょう。

 

ただ、3ヶ月というのは

やはり長い期間ですので、

持続できるように自分のペースでゆっくりと始めてみてください。

 

 

 

スポンサードリンク




まとめ

 

ダイエットとしての

ジョギングに興味がある方に向けて、

ジョギングの効果的なフォームや

効果が出るまでの期間について

紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

ジョギングは気軽に始められますが、

その分なかなか効果が表れないダイエットでもあります。

 

そのため、楽しみながら続けていくことが大切です。

 

 

長い間、飽きずに済むように

好きな音楽を聴いたり

好きな場所を見つけたりなど、

ジョギングを楽しむ工夫をしていきましょう。




コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ