懸川一明 顔画像や飲酒の理由は?五日市高校の書道部顧問が不祥事

目安時間:約 7分

 

広島県立五日市高校の教諭が

酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されました。

 

 

この教諭は書道部の顧問で、

全国大会で優勝するなど

実績を積み重ねており、

 

県内でも有名な先生のようですが、

一体、何故飲酒運転などをしてしまったのか?

 

 

日頃から飲酒運転をしていたのか?

といった点も気になります。

 

 

詳細をまとめます。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク




懸川一明の顔画像は?

 

 

 

名前:懸川一明
年齢:57歳

職業:五日市高校書道部顧問

住所:不明

 

 

顔画像などは報道されておらず、調べてみましたが、

本人の画像と思われるものは見つかりませんでした。

 

 

また、Facebookなどのアカウントも調べたところ、

同姓同名のアカウントはありましたが、

本人のものと思われるアカウントは特定できませんでした。

 

 

懸川容疑者は、

書道部の顧問として全国大会で優勝するなど、

輝かしい実績を積み重ねているようで、

 

県立五日市高校の校長は

 

「非常に熱心に生徒に対応する先生で県内でも有名な先生だと思う」

 

とコメントしています。

 

校内では、生徒からも慕われている

優秀な先生だったのだと思いますが、

 

何故、飲酒運転などを

してしまったのでしょう?

 

 

 

スポンサードリンク




懸川一明が飲酒をした理由は?

 

 

懸川容疑者からは

基準値の約5倍のアルコールが検出されており、

 

110番通報をされてしまうほど

危険な運転をしていたようです。

 

 

通報があったのが

19日午後6時45分頃というと、

土曜日の夕方です。

 

宴会でもしていたのでしょうか?

 

 

飲酒で逮捕される時間帯としては

やや早いような気がしますし、

 

それだけ早い時間帯から酒を飲んでいたか、

 

短時間でものすごい量の酒を

飲んでいた可能性が考えられます。

 

 

また、基準値の約5倍のアルコールが検出

とありますが、

一体、どのような状態で運転をしていたのでしょうか?

 

 

 

基準値の約5倍のアルコールが検出とはどういう状態?

 

基準値の約5倍となる

1リットルあたり0.8ミリグラムの

アルコールを検出されたということですが、

 

まさに泥酔状態だったのではないでしょうか?

 

 

 

悪影響を与える運転技能 血中アルコール濃度
(mg/mL)
呼気中アルコール濃度
(mg/L)
注意の集中 0.05 [0.025]
反応時間 0.2 [0.1]
追跡技能 0.2 [0.1]
多方面への注意 0.2 [0.1]
ハンドル操作 0.3 [0.15]
視覚機能(視線の固定が困難) 0.4 [0.2]
規則遵守 0.5 [0.25]

 

 

グラフを見れば分かると思いますが、

 

周囲を巻き込んでいた恐れがある、

それだけ危険な状態で運転をしていたようです。

 

 

飲酒の量の多い少ないに関係なく、

飲酒運転は絶対にいけませんが、

 

大きな事故にならなかったことが

不幸中の幸いだったかもしれません。

 

 

 

スポンサードリンク




懸川一明の事件の詳細は?

 

19日夜、広島市東区の路上で

酒を飲んで車を運転したとして

広島県立五日市高校の教師が

現行犯逮捕されました。

 

教師の呼気からは

基準値の約5倍のアルコールが検出されています。

 

酒気帯び運転で現行犯逮捕されたのは、
県立五日市高校の教師・懸川一明容疑者(57)です。

 

警察によりますと、19日午後6時45分頃、
広島市東区東蟹屋町の県道で

「不審な動きをする車がいる」

と110番通報がありました。

 

警察官が駆け付けたところ、
軽乗用車を運転していた懸川容疑者の呼気から
基準値の約5倍となる

1リットルあたり0.8ミリグラムのアルコールを検出

懸川容疑者は酒気帯び運転で現行犯逮捕されました。

 

調べに対し、懸川容疑者は

「間違いない」と容疑を認めています。

 

 

 

スポンサードリンク




まとめ

 

有名な先生とは言え、

飲酒運転は絶対にしてはいけない行為ですし、

 

さすがに知らなかったわけではないと思います。

 

 

大きな事故にならなかったことは

良かったのかもしれませんが、

 

「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」

という心掛けを意識しておかないと

いつか、取り返しのつかないことになります。



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ