絶対NGの結婚の顔合わせの服装とは!?実は知らないうちにやっちゃってるかも!?

目安時間:約 6分

 

 

結婚の顔合わせ、緊張しますよね。

 

 

顔合わせは結納前や、

結納のかわりとして、

両家の家族がきちんと顔を合わせて

親睦を深め合う場となります。

 

相手のご両親がどんな方なのか

知ることができる大切な会であり、

相手のご両親も、こちらのことを知ろうとしています。

 

 

ちなみに、しきたりにこだわらず、

結納はせずに顔合わせのみをするカップルが

7割以上もいるそうです。

 

 

同じ悩みを持つ女性は多いはず。

 

 

少しでもリラックスして当日を迎えるために、

準備をしっかりして臨みましょう。

 

そのような大切な場で

失敗をしないために、

服装やメイクなど、基本のマナーについてまとめました。

 

 

 

スポンサードリンク




結婚の顔合わせの基本マナーとは?

 

人は見た目が9割という言葉があるくらい、

見た目の与える印象は大きいです。

 

そうなると、気になるのが服装ですが、

どんな服装で行くのがマナーなのか。

 

 

おすすめは「上品で清楚なワンピース」です。

 

 

結婚というおめでたい場なので、

地味になりすぎないように注意が必要です。

 

アクセサリーなどで

華やかさを演出するのも良いですね。

 

 

ただ、高すぎるブランド物はオススメできません。

 

ワンピースではなくても、

ジャケットとスカートでも良いでしょう。

 

 

スカートが苦手という方は、

パンツスタイルでも大丈夫ですが、

ジーンズなどの

カジュアルファッションにならないように注意しましょう。

 

シワができにくい素材がおすすめです。

 

 

スカートよりかっちりとしてしまうので、

淡い色や、トップスを工夫してバランスを調整しましょう。

 

パンツスタイルでもストッキングを履くのがマナーです。

 

 

NGな服装もあります。

 

次は、NGな服装を見ていきましょう。

 

 

スポンサードリンク




これだけは避けたいNGな服装!

 

 

 

ワンピースを選ぶ際にも

注意するべきポイントがあります。

 

 

胸元が大きく開いたデザインや、

ミニ丈はNGです。

 

露出が多い服装は、

だらしないイメージを与えてしまいますので、

暑い日でも、ノースリーブはやめましょう。

 

 

また、暗い色は避けましょう。

 

明るい色やデザインの派手なものには注意をし、

品が良く見えるものにしましょう。

 

 

足もとも気を抜かないように注意です。

 

かしこまった場所でのマナーは、

つま先やかかとが見える靴は

マナー違反になってしまいます。

 

寒い冬でも脱いだり、履いたりするので

ブーツはやめましょう。

 

きちんとしたデザインのパンプスを。

 

 

コーディネートをした後に、

その服装がTPOに合っているかを確認するといいですね。

 

 

 

スポンサードリンク




服装だけじゃない!メイクにもマナーはある!

 

 

 

マナーは服装だけじゃなく、

メイクにもマナーがあります。

 

女性としてのマナーですが、

こういう場ではノーメイクや濃すぎるメイクはNGです。

 

 

派手なカラーやデザインのネイルも避けましょう。

 

ナチュラルメイクが基本です。

 

 

 

スポンサードリンク




まとめ

 

これからの結婚生活を

良いものにするには、

相手の両親に良い印象を与えることです。

 

準備をすることで不安を減らすことができます。

 

不安をなくすのは難しいかもしれませんが、

落ち着いて顔合わせに参加できるようになります。




コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ