加藤陽介の動機や顔画像は?日立製作所の社員、女子中学生に確信犯でわいせつ行為か?

目安時間:約 6分

 

中学3年の女子生徒に、わいせつな行為をした男が、

逮捕されています。

 

女子生徒は「自分は15歳」と伝えていたようで、

未成年と知った上でのわいせつ行為と見られています。

 

最近、こういった事件が多い気がしますが、

中高生の間で、出会い系アプリが流行っているのでしょうか?

 

彼氏を作りたいのか、知り合いを増やしたいのか、理由はさておき、

未成年者の被害が多く取りざたされている中、

出会い系アプリの規制などはないのでしょうか?

 

詳細をまとめます。

 

 

スポンサードリンク




加藤陽介の顔画像は?

 

 

加藤容疑者のプロフィールです。

 

名前:加藤陽介
年齢:28歳

職業:日立製作所社員

住所:不明

 

また、Facebookなどのアカウントも調べたところ、

同姓同名のアカウントはありましたが、

本人のものと思われるアカウントは特定できませんでした。

 

 

加藤陽介のわいせつ事件の詳細

 

大手電機メーカー、日立製作所の社員の男が、

当時中学3年の女子生徒にわいせつな行為をしたとして、

警視庁に逮捕されました。

 

逮捕されたのは、

日立製作所の社員・加藤陽介容疑者(28)で、

今年1月、東京・台東区にあるホテルで、

18歳未満と知りながら当時中学3年の女子生徒(15)に、

わいせつな行為をした疑いが持たれています。

 

2人は出会い系アプリを通じて知り合い、

加藤容疑者はSNSで女子生徒にわいせつな行為を求めるメッセージを送り、

女子生徒は自分は15歳と伝えていたということです。

 

調べに対し加藤容疑者は

「本当にその年齢だったらやばいとは思っていた」

と供述しているということです。

 

 

日立製作所の社員と報道されていますが、

どこの日立製作所なのかは明らかにされていません。

 

それにしても、最近SNSがらみでの事件が多発している気がしますし、

今回のケースも相手が未成年です。

 

どちらが悪いのかと言われたら、どちらにも責任はあると思いますし、

結果的に成人を迎えた人は実名報道をされ、

未成年者は実名が報道されないことに関しては、

なんだか不公平な気がします。

 

 

スポンサードリンク




加藤陽介の犯行の動機は?

 

動機に関しては明らかにされていませんが、

単純に、己の欲求を満たすためだったと考えられます。

 

ただ、女子中学生が年齢を伝えていたうえで、

わいせつな行為を求めていたと報道されており、

加藤容疑者も

「その年齢だったらやばいとは思っていた」と供述していながらも、

結果的にわいせつ行為に及んだということは、

女子中学生の言うことを信じていたかどうかは別として、

未成年かもしれないという危機感はあったと思いますので、

これは、確信犯なのではないでしょうか?

 

女子中学生の年齢を疑っていたという可能性もありますが、

年齢を疑ったところで…といった気がしますし、

言い訳としては苦しいかなぁ、と思います。

 

 

加藤陽介の逮捕にネットの声は?

 

普通に少女の方にも問題あると思うが。
フランスのように15歳以上は成人扱いでいいんじゃないのか。
それにまた一般会社員は実名報道。おそらく一発解雇。
教員、警官などはもっと悪質な性犯罪でも匿名で停職6か月。

 

 

別にどこの会社とか関係有るの?
日立に何か恨みでも有るのかなって思えてしまう。

 

 

こういうニュースって昔から多かったけどネットが普及してなかったら出回っていなかっただけなのか、昔は少なくて最近増えてきたことに加えてネットSNSの普及が拍車をかけているのか、どっちなのだろう。

 

 

やはり、少女にも問題はあるのでは?という声がありました。

 

どうしても「容疑者=悪」みたいな報道がされますが、

被害者に全く責任がないかというと、そうでもない事件はありますし、

今回は、正にそれに当てはまる事件ではないでしょうか?

 

 

スポンサードリンク




まとめ

 

まだまだ世の中を知らない未成年者は、

SNSの利用をしたとしても、やはり何かしらの規制をした方が良いかと思います。

 

特に、未成年者が出会い系アプリに登録できるという点は、

かなり問題がある気がしますし、何とかならないものでしょうか?

 

 

スポンサードリンク




オススメ記事  慶野佑太のFacebookや顔画像は?網走で娘の顔をケガさせて逮捕された原因とは?



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


ページの先頭へ