筒塩侑子を殺害した犯人の名前は勝田州彦!別件でも逮捕されていたロリコン男

目安時間:約 7分

 

 

2004年に岡山県津山市で

当時小学3年の女の子が殺害された事件で、

無職の39歳、勝田州彦が殺害をほのめかしたということです。

 

 

服役中の勝田州彦を

30日にも殺人の疑いで逮捕する方針を固めました。

 

 

詳細をまとめます。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク




勝田州彦の顔画像は?

 

 

 

また、Facebookなどのアカウントも調べたところ、

同姓同名のアカウントはありましたが、

本人のものかどうかまでは、特定できませんでした。

 

 

勝田容疑者は

過去に別の事件で逮捕されており、

岡山刑務所に服役中だったようです。

 

 

 

 

 

 

Twitterでは

未だに犯人が見つからないことで

呼びかけのツイートが拡散されていました。

 

 

14年前の事件ですが、

ようやく犯人も捕まったことで、

ご両親もひとまずは

安心されたのではないでしょうか?

 

 

 

スポンサードリンク




勝田州彦のプロフィールは?

 

 

 

容疑者のプロフィールです。

 

 

名前:勝田州彦(かつた・くにひこ)
年齢:39歳

職業:不明

住所:兵庫県加古川市平岡町新在家

 

 

当時の事件について、詳細を記述します。

 

 

この事件は2004年9月3日、

岡山・津山市で当時9歳の

小学3年生・筒塩侑子ちゃんが、

自宅で胸や腹など数カ所を刃物で刺され殺害されたもの。

 

侑子ちゃんの着衣に乱れはなく、

また、室内が荒らされた形跡もなかった。

 

侑子ちゃんが小学校から帰宅したのは午後3時15分ごろ。

犯行時間はその後、発見されるまでの

およそ20分間のあいだとみられている。

 

岡山県警は、津山警察署に捜査本部を設置し、

不審な人物の洗い出しや

遺留品がないかなど捜査を進めてきたが、

 

犯行に使われた凶器など物的証拠がなく、

捜査は難航していた。

 

 

 

スポンサードリンク




勝田州彦の動機や余罪について

 

 

 

勝田容疑者は、

2015年に以下のような事件で

逮捕されています。

 

 

兵庫県姫路市で11日夕、

帰宅途中の中学3年の女子生徒(14)が

男に刺され重傷を負った事件で、

県警捜査1課などは19日、
殺人未遂容疑で

同県加古川市平岡町新在家、勝田州彦容疑者(36)を逮捕した。

 

 

今回の事件と過去の事件、

どちらにも共通することと言えば、

被害にあった方が「若い女性」ということで、

どちらも刃物で刺されています。

 

 

若い女性を狙うとは、実に卑劣で

最低の男です!!

 

しかも、小学生まで手にかけて…。

 

 

報道されている犯行の様子を見る限り、

やけに手際が良いことから、

 

勝田容疑者は、

他にもまだまだ余罪がありそうな気がします。

 

 

被害にあった方たちを思うと、

14年もの間、黙っていられる神経が分かりませんし、

こんなヤツは何があっても許せません。

 

 

 

スポンサードリンク




勝田州彦の事件の詳細は?

 

2004年9月、岡山県津山市で、

小学生の女の子が腹などを刺され

死亡しているのが見つかった事件で、

 

別の事件で服役している30代の男が関与を認め

警察は男を逮捕する方針を固めました。

 

この事件は2004年9月、

岡山県津山市で小学3年生で9歳だった

筒塩侑子さんが自宅の部屋で腹などを刺され、

血を流して死亡しているのが見つかったものです。

 

警察が殺人事件として捜査を続けていたところ、

別の事件で服役している30代の男が

関与を認めたことがわかりました。

 

岡山県警津山警察署の捜査本部は、

容疑が固まり次第、この男を逮捕する方針を固めました。

 

 

 

スポンサードリンク




まとめ

 

一人だけではなく、

何人もの人生を奪った勝田容疑者の罪は

非常に重いのではないでしょうか?

 

 

おまけに14年もの間、

勝田容疑者が何も言わなかったことを考えると、

両親からしたら、どれだけ無駄な時間を過ごしてきたか!

 

さぞ辛かったことでしょうし、

不安な14年間を過ごされたことと思います。

 

 

勝田容疑者の逮捕により、

ようやく事件の解決の糸口が見つかったようですが、

この男だけは人として許せませんね。

カテゴリ:事件  [コメント:0]



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ