川村心のFacebookは?危険ドラッグ服用で山梨県韮崎市の国道で大事故!

目安時間:約 6分

山梨県韮崎市の国道で3人が死傷する事故があり、

当時トラックに追突した男が、

車内に危険ドラッグを所持していたとして、

逮捕されました。

 

危険ドラッグって最近あまり聞かなくなりましたが、

まだこういうのに手を染める人は多そうですね。

 

詳細をまとめます。

 

オススメ記事  武川佑太のFacebookや画像は?山梨県職員が飲酒運転で事故って逮捕!

 

スポンサードリンク

事故があったのは山梨県韮崎市の国道

医薬品医療機器法違反の疑いで、

きょう逮捕されたのは、

甲府市湯村一丁目の土木作業員、川村心容疑者27歳です。

 

警察によりますと去年5月、

韮崎市の国道で川村容疑者の乗用車がトラックに追突し、

軽乗用車も絡み、あわせて3人が死傷する事故がありました。

その際、車内に指定薬物を含む

危険ドラッグを所持していた疑いが持たれています。

川村容疑者は、調べに対し容疑を認めているということです。

 

捜査関係者によりますと事故の直前、

川村容疑者の車が暴走していたという目撃情報などもあり、

警察では危険ドラッグを使った上で

事故を起こした疑いもあるとみて捜査を進める方針です。

 

事故があったと思われる、

山梨県韮崎市の国道周辺の地図です。

この国道で暴走運転をして、事故を起こしたということですね。

 

事故の直前に暴走運転をしていたという情報もあることから、

常習的に使用していた可能性もありそうですが…。

 

ただ、危険ドラッグをやっていなくても

車の運転が危ない人は十分に多い気がするので、断定はできませんが、

これだけの大きな被害を出したことは事実ですし、

いい年した大人が何してんの?って話ですよね。

 

スポンサードリンク

麻薬と危険ドラッグって、どう違うの?

麻薬とは・・・

鎮痛効果があるが依存性をそなえている薬物のなかで、

麻薬及び向精神薬取締法で指定されたもの、と定義される。

モルヒネ・ヘロイン・コカインなど。

医療用に使われることもあり、

最近では大麻は合法かどうか?などが話題になりましたね。

 

危険ドラッグとは・・・

一般に覚醒剤や大麻などの違法薬物と

よく似た成分を含むドラッグを指すが、法的な定義はない。

乾燥ハーブと化学物質を混ぜたいわゆる「脱法ハーブ」のほか、

粉末・液体状のものや錠剤も流通している。

 

危険ドラッグはむしろ麻薬よりも害が大きいとも言われています。

なぜなら、危険ドラッグは麻薬の成分を少しだけ変えるために、

健康を害する症状が、

意識を失う・吐く・暴れる・意味不明な行動を取るなど様々だからです。

 

また、危険な薬物の成分や含有量がまちまちなため、

いざ病院に救急車で運ばれても、正しい治療ができないこともあります。

最悪の場合は死に至ってしまうこともある危険なドラッグです。

 

要は、麻薬は法で禁止されているものの、

「危険ドラッグは麻薬っぽいもの」みたいな定義だと。

ただし、成分などを変えられるために、

何かしら危険な症状が出ても、

病院もどう処置をして良いのか分からない。

そして、場合によっては死んでしまうこともある…

といった解釈で良いでしょうか。

 

一言でいうと、ある意味で麻薬よりもヤバい薬。ということですね。

 

川村心のFacebookや画像は?

調べてみたところ、

本人のものと思われるアカウントがありました。

 

あまり深くは書きませんが、どうやら家族もいるようです。

残された子供たちのことを考えると、胸が苦しくなりますね…。

 

スポンサードリンク

ネットの声は?

  • 危険運転適用しますよね?そもそも死刑以外ありえないと思うけど
  • 去年の5月に事故があり、去年の5月に逮捕され、今日この記事がでた理由は何だろう?
  • 危険ドラッグを服用して、運転。当然、危険運転致死で起訴しますよね
  • 人殺しです。

と、かなり厳しい声が上がっていました。

危険ドラッグを服用して運転していたとしたら、

飲酒運転よりもタチが悪いですし、

副作用で、こういった事故があるかもしれないと

予測できたのではないかと思います。

 

まとめ

興味本位から危険ドラッグに手を出したのかもしれませんが、

こういったものに手を出すのは、

心の弱い人間だからなのかもしれませんね。

犯人の名は皮肉にも川村心ですが、

もう一度、心を鍛えなおしてほしいものです。

カテゴリ:事件  [コメント:0]



comment closed

ページの先頭へ