けん玉をうまく刺すコツ。初心者や子供でも「もしかめ」ができるようになるには?

目安時間:約 5分

 

 

昔ながらの遊びである「けん玉」ですが、

最近ではストリートケンダマ

呼ばれるようになったりと、

人気になっています。

 

近年では世界大会も開催され、

世界中から出場者が集まっています。

 

今では、世界中で遊ばれています。

 

 

けん玉を初めて見たものの、

なかなかうまくできなくて

悩んでいませんか?

 

そんな方に

けん玉のコツを紹介していきます。

 

 

 

スポンサードリンク




けん玉のコツを初心者や子供にも分かりやすく解説

 

 

けん玉で技をするポイントは、

正しい持ち方と構えです。

 

 

足は肩幅くらいに開いて、

聞き手側の足を半歩前に出します。

 

そして重心をつま先に重心を意識し、

肩に力が入らないように注意します。

 

 

玉を受け止めるときは、

膝を上下に動かすことを意識して、

クッションのように玉の勢いを受け止めます。

 

 

 

1、2、3のリズムを意識すると、

よりやりやすくなります。

 

まずは1で膝を曲げます。

 

そして2で玉を空中に浮かします。

 

3で軽く膝を曲げ、玉を受け止めます。

 

目線は玉に合わせるようにします。

 

 

1、2、3のリズムと、

膝を曲げることに意識することが重要です。

 

 

 

スポンサードリンク




けん玉で「もしかめ」ができるようになるコツ

 

少し上達してくると、

技に挑戦したくなります。

 

技の基本である

「もしかめ」のコツ

を紹介していきます。

 

コツを覚えれば、上達しやすくなります。

 

 

もしかめとは

大皿から中皿、中皿から大皿へ

何度も繰り返す技です。

 

コツを掴むまでは大変ですが、

王道の技なので習得しておきたいところです。

 

 

皿グリップ

 

出典:http://productlab.co.jp/blog/?p=275

 

 

もしかめをするときは、

「皿グリップ」という持ち方になります。

 

 

けん玉を横に持ち、

左側にとんがっている方を向けます。

 

鉛筆を持つように

親指と、人差し指で持ちます。

 

中指、薬指、小指は

お皿に添えて安定させます。

 

 

もしかめは

大皿から中皿、中皿から大皿へ

玉を移動させることを繰り返します。

 

まずは、大皿から中皿への移動が

できるようにしましょう。

 

そして中皿から大皿へを

できるようにします。

 

焦らずに1つ1つできるように

していきましょう。

 

 

 

スポンサードリンク




まとめ

 

 

 

まずはゆっくりと、

確実に移動できるように練習します。

 

 

玉を移動させるときは、

膝を曲げるクッションを意識します。

 

玉を移動させるときは

軽く投げるイメージです。

 

玉ではなく剣を動かすイメージで、

皿から皿へ移動させていきます。

 

 

あとはコツを掴んでできるようになるまで、

ひたすら練習あるのみです。

 

毎日コツコツ練習することで、

上達していきます。




コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ