【平昌五輪】開会式の旗手や主将は誰?こんな嫌なジンクスも…

目安時間:約 4分

平昌五輪、もうすぐ始まりますね!

さて今回は、

代表選手の顔でもある旗手や主将は誰なのか?

また、五輪の旗手にまつわる嫌なジンクスなどについて

詳細をまとめてみましたので、ご覧ください。

スポンサードリンク




日本代表、主将は小平奈緒選手!

主将を務めるのは、

女子スピードスケート・小平奈緒選手です。

 

 

初の冬季五輪出場は、2010年のバンクーバー五輪で、

ソチ、平昌と、3大会連続での出場となっており、

女子500m・1000mの現日本記録保持者なんですね。

 

ちなみに、2017/18シーズンの

ワールドカップ・ソルトレイクシティの1000mで、

1分12秒09の世界新記録をマークして優勝しており、

日本の女子選手が個人単種目で世界新記録をマークするのは

小平選手が初めてなんだそうです。

 

あまり小平選手に詳しくなかったのですが、

まさか、ここまでとんでもない選手だったとは…。

 

是非とも、金メダルに期待したいですね!

 

日本代表、旗手は葛西紀明選手!

旗手には、冬季オリンピック史上最多8回目の出場となる、

スキージャンプ・葛西紀明選手が選ばれました。

 

 

オリンピックに8回も出場とか、もはや異次元の世界ですよね。

調べてみると、1992年のアルベールビル五輪に

19歳で初出場しているんですって。

そこからずっと日本代表…

 

そして前回のソチ五輪では、

オリンピック7度目の出場で初のメダルとなる銀メダルを獲得。

 

まさにプロ中のプロというか、

周りから「レジェンド」と呼ばれるだけはありますよね。

恐れ多いです。

スポンサードリンク




旗手にまつわる嫌なジンクス

実は、五輪には、

「旗手を務めるとメダルを逃す」なんていう

嫌なジンクスがあるんですね。

 

どうやら、競技本番の前に

リハーサルや開会式で拘束され、

調整が難しくなることが原因の一つとされているようで、

確かに、本番間近の選手からしたら、

たまったもんじゃないですよね。

おまけに、日本代表の顔みたいな扱いで

世界中から注目されるわけですから、そのプレッシャーたるや…。

 

そんななか、

葛西選手は今回の大役を自ら買って出たそうなんです!

 

なんですかこの人、カッコ良すぎるでしょ…!!

さすがレジェンド・葛西!!

 

開会式より、レジェンド葛西の

勇ましい旗手姿に注目したいですね!

 

まとめ

日本代表の主将は小平奈緒選手で、

旗手は葛西紀明選手に決定いたしました!

大会では、どのような晴れやかな姿を見せてくれるのでしょうか!?

楽しみですね!




comment closed

最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

ページの先頭へ