小平奈緒、練習でレコードタイム!李相花の五輪記録を抜けるか?

目安時間:約 4分

スピードスケートのタイムトライアルが7日に行われ、

金メダル獲得の期待が懸かる、女子エースの小平奈緒(31)は、

参考記録ながら500メートルで37秒05をマークし、

低地リンクでのベストタイムを“更新”し、

五輪2連覇中のライバル・李相花(韓国)が持つ

オリンピックレコードも上回ったとして、話題になっています。

 

本番に合わせて、キッチリと調整できるところが、

やはりプロですね。

詳細をまとめてみます。

スポンサードリンク




記録会で五輪記録を更新

37秒28の五輪記録を上回る、37秒05。

会場の電光掲示板に五輪記録を意味する「OR」の文字が出たが、

小平は「すごいタイムじゃない」と一言。

「まだまだ修正点はある。もちろん号砲が鳴れば全力だけど、

振り返ると冷静にいろいろ考えていた」とコメントし、

さらに好タイムを出せる余地はあるとしている。

 

五輪記録は、韓国のライバル李相花の37秒28

従来の五輪記録は、

2014年ソチ大会で李相花がマークした37秒28。

同じリンクで行われた昨年2月の世界距離別選手権で、

その李相花に0秒35の大差をつけて優勝したときの37秒13も上回った。

昨年11月のW杯第2戦で出した低地での自己ベストの37秒07も超えた。

 

この日、李相花は出場しなかったが、

小平は出場13選手中、断トツのトップタイム。

「500メートルへ上げていく意識で。3種目、帯でピークを合わせたい」

と話した。

スポンサードリンク




「本番の歓声があれば、もっと体が燃える」とコメント

スポーツ報知では、

小平奈緒の女子500メートル、1000メートルが

金メダルを取るのではないか?と予想しており、

絶対的なエースに大きな期待がかかっている。

 

正直、本番前から

あまり過度な期待をするのはどうかとは思いますが、

でも、こういったプレッシャーを跳ね除けてしまえるのが、

本当に強い選手だと思います。

 

本番でのオリンピック記録の更新も楽しみですね!

スポンサードリンク




 

追記(2/18)

小平選手、見事に金メダル獲得しましたね!!

練習の時に出たレコードタイムが、37秒05でしたが、

本大会では、なんと36秒94の五輪新記録!!

 

本番前の練習の時点で、

すでに体はだいぶ仕上がっていたとは思いますが、

本番でそれをさらに上回るパフォーマンスを見せられるなんて、

やはり、ここがプロフェッショナル!!ということでしょうか?

 

練習ではいいタイムが出せても、

本番は緊張からのプレッシャーなどで、

良いパフォーマンスを見せられない選手もいる中で、

これだけの結果を出せたというのは、スゴイの一言ですよね!

 

以下、小平選手のコメントです。

小平奈緒選手のコメント

「周りが何も見えないくらいうれしいです。

考えないようにしていたこともあったが、

全て報われたような気持ちです。

(コーチと)二人三脚ではなくて、

学生だとか同じチームの人たちが私を支えて下さったので、

皆にありがとうと伝えたいです。

最初から集中して、自分の持ち味を出し切れたレースだったと思います。

獣かどうか分からないですけど、

躍動感あふれるレースができたと思います」

 

1000メートルの銀メダルに続く、金メダル獲得!

本当におめでとうございます!!




comment closed

最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

ページの先頭へ