中学生のダイエット。短期間で痩せる方法や注意点・コツは?

目安時間:約 5分

 

「中学生はまだ子供だから」

なんて言われて腹が立つ

中学生のみなさんは多いことでしょう。

 

心は十分、大人に差し掛かっている時期ですからね。

 

 

そんな大人になりかけている

中学生のみなさんは、

だんだん体型について

気にすることが多くなってきたのではないでしょうか。

 

「短期間で痩せたい」と思っている

中学生のみなさんに、

短期間で痩せるための

オススメの方法と注意点

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク




中学生のダイエット。短期間で痩せるためのオススメの方法は?

 

 

 

中学生のみなさんは

意外とお菓子を食べていることが

多いのではないでしょうか。

 

部活のない日は

家に帰ってから夕飯までの間に、

部活のある日は帰ってから

ご飯のあとや寝る前といった感じに、です。

 

 

また、小学生の頃にはなかった、

慣れないテスト期間というものに

ストレスも溜まってしまい、

ついつい勉強中にお菓子をつまんでいないでしょうか。

 

 

小学生の頃は友達と遊んでいるときに、

友達とお菓子を食べたり、

家でゆっくりしているときにお菓子を食べたりと、

お腹が空いたときにはすぐに食べていたことでしょう。

 

小学生の頃は体型について

気にしている子も少ないので、

何も気にせずお菓子を食べることが多いのです。

 

 

しかし、「短期間で痩せたい」というのであれば、

その間食をやめましょう。

 

 

お菓子は一つ一つが軽い物でも

カロリーの高い物が多いですし、

お腹いっぱい食べていては

ご飯と同じくらいの重さになります。

 

 

食べる量が減れば、

必然的に体重は減っていきます。

 

体育や部活で運動はできていますので、

今食べている量よりも

体内に入れる食べ物の量が減れば、必ず痩せることは可能です。

 

 

 

スポンサードリンク




中学生のダイエット。短期間で痩せるための注意点は?

 

 

 

食べる量を減らせばいいからといって

ご飯を抜くということはやめましょう。

 

中学生の体はまだ大人にはなっていませんので、

成長を続けている段階です。

 

完全に成長が終わっていない段階で

無理な食事制限をしてしまうと、

将来的に、子供を産めなくなってしまう

体になる危険性もあるのです。

 

 

また、ご飯を抜いて

お菓子を食べてしまっては逆効果です。

 

結果的に、普通にご飯を食べるよりも

多くのカロリーを摂取してしまっているので、

意味がありません。

 

むしろ太ってしまいます。

 

短期間で痩せたいとしても、

必ずご飯はきっちり三食食べ、

間食をしないように心がけましょう。

 

 

 

スポンサードリンク




まとめ

 

中学生のみなさんが

痩せてかわいくなりたいという気持ちを持つことは

良いことです。

 

しかし、今無理をして

将来的に後悔してしまうようなダイエットは

決してしてはいけません。

 

 

まずはお菓子を食べないことから

始めていきましょう。

 

今まで、毎日のように食べていた

間食をなくすだけでも

短期間で痩せることは十分可能です。

 

 

リバウンドにも気を付けながら、

間食をやめて、少しずつ痩せていきましょう。




コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ