熱中症に麦茶はデメリットが多い?冷やし過ぎはキケンってマジ?

目安時間:約 9分

 

熱中症対策といえば、

まず思い浮かぶのが「水分補給」だと思います。

 

一口に水分補給といっても、

水がいいのか、お茶なのか、

それともスポーツドリンクがいいのか

よく分からない方もいるのではないでしょうか?

 

 

水分補給に麦茶を飲む方は多いと思いますが、

実は、熱中症対策で麦茶を飲むと

意外とデメリットがあることをご存知でしょうか?

 

 

今回は、麦茶のデメリットについて

まとめてみました。

 

 

スポンサードリンク




熱中症に麦茶はデメリットが多い?

 

 

麦茶は私たちにとって身近な飲み物で、

健康的な飲み物。

 

夏は麦茶!という方も多いと思います。

 

 

ですが、

とりあえず麦茶を飲んどけば大丈夫…

という考えもやや危険です。

 

 

まずデメリットとして挙げられる点は

 

1.飲み過ぎるとお腹をくだす

 

2.体が冷えすぎてしまう

 

3.トイレが近くなる

 

4.賞味期限が意外と短い

 

5.運動後は麦茶よりもスポーツドリンクがオススメ

 

 

などなど、

意外とデメリットもあるんです。

 

 

とはいえ、

麦茶を否定しているわけではなく、

摂取の仕方を間違えないようにしてください

という意味です。

 

 

 

スポンサードリンク




1.飲み過ぎるとお腹をくだす

 

麦茶の原料である大麦には

身体を冷やす効果があり、

麦茶を飲むことで体を冷やす事ができます。

 

ですが、麦茶にはカリウムが含まれているので、

利尿作用で、尿と一緒に体の熱が体外に排出されます。

 

 

適度に飲む分には問題ありませんが、

飲めば飲むほど体の熱が放出されるので、

結果的に体は冷えて、お腹をくだしてしまうことも。

 

 

お酒ではないですが、

麦茶の飲み過ぎも、あまり体には良くない…ということですね。

 

 

 

2.体が冷えすぎてしまう

 

氷で冷やして麦茶を飲むのは
とてもおいしく感じますし、

暑い夏には最高ですが、

結果的に消化力を下げ、夏バテの原因を作ってしまいます。

 

 

麦茶には、もともと身体を冷やす効果があるため、

キンキンに冷えた麦茶に氷を入れて飲んでしまうと、

さらに身体が冷えてしまい、

冷え性の原因になってしまいます。

 

 

冷たい麦茶を一気に飲んで

お腹が痛くなってしまうと

代謝は促進され、エネルギーの消費が激しくなり、

余計に暑さを感じ、体力の回復が追いつかなくなりバテる…

という悪循環に陥ります。

 

 

麦茶を飲みすぎると疲れやすくなったり、

夏バテの原因にもなったりします。

 

特に妊婦さんは、

冷たい麦茶は控えるようにすると良いでしょう。

 

 

常温のようなヌルい麦茶だと

おいしさも半減してしまう気もしますが、

キンキンに冷やし過ぎないように。

 

 

 

スポンサードリンク




3.トイレが近くなる

 

麦茶には利尿作用があるので、

寝る前にガバガバ飲んでしまうと、

深夜に目が覚めて

何度もトイレに行くハメに…なんてことも。

 

これでは十分な睡眠もとれませんし、

結果的に疲労の原因にもなりかねません。

 

 

デメリット…というほどでもありませんが、

寝る前は麦茶ではなく、

水の方が良いかもしれませんね。

 

 

 

4.賞味期限が意外と短い

 

意外と知られていないのが、

麦茶の賞味期限。

 

麦茶を煮出したら、

できるだけその日の内に飲むのが好ましいですが、

遅くとも2~3日で

消費するようにすると良いでしょう。

 

 

じゃあコンビニに売ってるお茶は…?

 

と思われた方もいるかもしれませんが、

コンビニに売っているお茶には

保存料や、体に良くない添加物なども入っているので、

別物と考えた方が良いでしょう。

(話が反れてしまいますが…)

 

 

 

スポンサードリンク




5.運動後などは麦茶よりも…

 

麦茶には、ナトリウムを排出する

カリウムが含まれており、
ナトリウムが排出されると水中毒が引き起こされることも。

 

水中毒とは…水の飲み過ぎにより体液が薄まってしまう病気。

医学的には、低ナトリウム血症となります。

体内のナトリウム量がほとんど変わらないが、一度にたくさんの水を飲むことで相対的に水分量が過剰になって起こってしまう。

低ナトリウム血症の症状としては、頭痛や吐き気、嘔吐などがあり、重度になるとけいれんや意識障害を引き起こし、死に至ることもある。

 

 

運動後は麦茶よりも

スポーツドリンクを飲む方がオススメです。

 

もしくは麦茶に塩を含んで

飲むようにすると良いでしょう。

 

 

 

麦茶のメリットは?

 

麦茶のデメリットばかりを

お伝えしましたが、

麦茶にはメリットもありますので、

記載しておきます。

 

 

  • 血液サラサラ効果で美肌効果も
  • 胃の粘膜を保護する
  • 抗酸化作用
  • むくみや便秘予防
  • ノンカフェイン

 

などなど、メリットも多くあります。

 

 

ですが、

やはり取り過ぎは

体に負担がかかってしまうので、

バランスを考えて飲むようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク




まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

麦茶を飲む時の注意としては…

 

  • 冷やし過ぎない
  • 一気に飲まない
  • 長持ちしないので、できるだけ早く飲む
  • 運動後は麦茶よりもスポーツドリンク

 

といった点に気を付けて

飲むようにすると良いでしょう。




コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

ページの先頭へ