中村精寛 顔画像や動機は?あおり運転でバイクを脅す暴走警備員!

目安時間:約 6分

 

大阪府堺市で、

車であおり運転をし、

バイクの男子大学生に追突し死亡させた

中村精寛容疑者(40)が、

殺人などの疑いで逮捕されました。

 

 

中村容疑者は

自身の運転するドライブレコーダーに

クラクションやパッシングを

繰り返す様子が映っていたということです。

 

 

こういう人には

二度と車を運転してほしくないですね。

 

 

詳細をまとめます。

 

スポンサードリンク




中村精寛の顔画像は?

 

 

 

顔画像などは報道されておらず、調べてみましたが、

本人の画像と思われるものは見つかりませんでした。

 

 

また、Facebookなどのアカウントも調べたところ、

同姓同名のアカウントはありましたが、

本人のものと思われるアカウントは特定できませんでした。

 

 

容疑者のプロフィールです。

 

 

名前:中村精寛
年齢:40歳

職業:警備員

住所:堺市南区

 

 

 

 

中村容疑者は

バイクに追い抜かれた後、

約1キロにわたって

あおり運転をしていたとのことで、

 

接近しながらパッシングしたり、

クラクションを鳴らしたり

といった行為も行っていたようです。

 

 

被害にあった方からしたら

どれほどの恐怖だったか…。

 

 

結果的にその様子が、

自分の車のドライブレコーダーに

映されていたとのことですが、

 

自分の犯行の様子を

自ら提供することになるとは

なんだか間抜けな話です。

 

 

 

スポンサードリンク




中村精寛の動機は?

 

 

バイクに追い抜かれたことに腹を立てて

あおり運転をしていたようです。

 

 

中村容疑者は、逮捕された当初、

「左車線が気になって前方不注意だった」

などと話していたようですが、

 

「気付いた時にはもう遅く、ぶつかった。

殺意はなかった」

などと供述しているとのことです。

 

 

あおり運転をしておいて

「殺意がなかった」などと

何をほざいてやがる?ってな話です。

 

 

おまけに、約1キロもあおり運転をして

パッシングやクラクションを鳴らす行為。

 

こんな人には

二度と免許を取らないでほしい…。

 

 

そもそもドライブレコーダーに

危険運転の様子が映っているのに

これ以上、言い逃れはできないかと。

 

 

 

スポンサードリンク




中村精寛のあおり運転事故の詳細は?

 

大阪府堺市で、車であおり運転をした上、バイクの男子大学生に追突し死亡させたとして、40歳の男が殺人などの疑いで逮捕されました。

 

逮捕された警備員の中村精寛容疑者(40)は、2日夜、堺市の府道で、運転する車でバイクにあおり運転をした上、追突させ、大学4年の高田拓海さん(22)を殺害するなどした疑いがもたれています。

車のドライブレコーダーには、中村容疑者が現場の1キロほど手前から、バイクに向けて、クラクションやパッシングを繰り返す様子が映っていました。

 

 

中村容疑者は容疑を否認していますが、警察は、バイクに追い抜かれたことに腹を立てて、あおり運転をした上、故意に車をぶつけた疑いがあるとみて調べています。

 

 

 

スポンサードリンク




まとめ

 

私もたまに

あおり運転をされることがありますが、

 

あおり運転をする運転手は

「自分は大丈夫」とでも

思っているのかもしれませんが、

まず、その根拠を知りたいし、

何故あおり運転をするのかが分かりません。

 

 

いつか周囲に危害を加える前に、

安全運転を心がけてほしいですね。


カテゴリ:事件  [コメント:0]



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

ページの先頭へ