中津濱雅子 顔画像や動機は?園児を引きずり回すベテラン保育士の余罪は?

目安時間:約 7分

 

神戸市の保育所で、

5歳の園児の襟首をつかんで引きずるなど、

暴行を加えたとして保育士の女性が逮捕されました。

 

男児にけがはないということですが、

何があったのでしょうか?

 

 

逮捕された中津濱雅子容疑者は

54歳ということで、

 

体罰を許されていた時代を

知っている人間だと思いますが、

 

5歳の子供を引きずるというのは

少々やり過ぎのような気がします。

 

 

詳細をまとめます。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク




中津濱雅子の顔画像やプロフィールは?

 

 

 

顔画像などは報道されておらず、調べてみましたが、

本人の画像と思われるものは見つかりませんでした。

 

 

また、Facebookなどのアカウントも調べたところ、

同姓同名のアカウントはありましたが、

本人のものと思われるアカウントは特定できませんでした。

 

 

容疑者のプロフィールです。

 

 

名前:中津濱雅子(なかつはま・もとこ)
年齢:54歳

職業:保育士

住所:不明

 

 

 

 

園児との間に何があったのかは

明かされていませんが、

 

園児の襟首をつかみ、引きずるなどの

行為をしたようです。

 

 

これぐらいの年齢だと

日本語もだいぶ覚えてきて

受け答えなどもできる時期だと思いますが、

 

もしかしたら

扱いが難しい年ごろなのかもしれません。

 

 

とはいえ、

子供をしつけて教育するのが仕事なので、

 

感情的になったり、暴力的な行為に走るのは、

教育上、あまり良くないのでは…と思います。

 

 

 

スポンサードリンク




中津濱雅子の動機は?

 

 

 

「男児の体は持ち上げたが引きずり回していない」

容疑を否認しています。

 

 

襟首をつかんだら、

小さい子供なら持ち上あがってしまう時もあるでしょうし、

 

そこは周りにいた人間の証言などで

明らかになると思います。

 

 

中津濱容疑者としては、

軽く懲らしめてやるつもりだったのか、

それとも、普段からこういった先生だったのか?

 

何にせよ、この時の状況としては

子供や周りの目からは、

ものすごく怖い人に映ったことでしょう。

 

 

最近の、体罰があったら

すぐに大事のように扱われる風潮は、

見ていてあまり気分の良いものではありませんが、

 

さすがに襟首をつかむとか、引きずるなどは、

ちょっと度が過ぎるというか…

不良のケンカのような気がしますし、

 

それこそ公になった時に

どう釈明するのかが難しいのではないでしょうか?

 

 

言うことを聞かない子などは

時として「叱る」必要もあるかと思いますが、

 

そこでキレてしまったら

子供は委縮してしまうこともあります。

 

 

「どうして叱られたのか」などの、

叱られた理由や原因を子供に理解させないと、

同じことの繰り返しになるのではないでしょうか?

 

 

 

スポンサードリンク




中津濱雅子の事件の詳細は?

 

神戸市の市立保育所で、

5歳の園児の襟首をつかんで

引きずるなどの暴行を加えたとして

保育士の女が逮捕されました。

 

暴行の疑いで逮捕されたのは、

神戸市北区の神戸市立からと

保育所に勤務していた

保育士の中津濱雅子容疑者(54)です。

 

中津濱容疑者はことし2月、

保育所に通っていた

5歳の男児の襟首をつかんで

引きずり回すなどした疑いがもたれています。

 

警察によると男児にけがはないということです。

 

男児の保護者から警察に相談があり、

警察がその場にいた

保育所の関係者などから話を聞き、

犯行が発覚しました。

 

中津濱容疑者は調べに対し

「男児の体は持ち上げたが引きずり回していない」

容疑を否認しています。

 

中津濱容疑者は現在別の保育所に勤務していて、

警察はほかの園児にも同様の行為がなかったか慎重に調べています。

 

 

 

スポンサードリンク




まとめ

 

怖い先生という存在は

時として必要だとは思いますが、

怖い先生とは「厳しい先生」のことだと思います。

 

ただ怖いだけの先生なら

何のためにいるのか分かりませんし、

子供からも親からも敬遠されるのではないでしょうか?

 

 

中津濱容疑者は54歳ということで、

もしかしたら、

体罰にあまり抵抗がなかったかもしれません。

 

子供との間に何があったかは分かりませんが、

ここまで問題になるほどの体罰ではなく、

違うやり方もあったのではないでしょうか?

 

 




コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

ページの先頭へ