南禅寺の異臭原因はトイレ用の洗剤を混ぜたから?化学テロの可能性はある?

目安時間:約 9分

 

京都の南禅寺の境内で、

薬品のような匂いがし、

参拝客ら24人がのどの痛みなどを訴える

という、何やら胡散臭い事件がありました。

 

のどの痛みや頭痛、手足のしびれなどを訴え、

うち女性4人が病院に搬送されたそうです。

 

 

参拝客からしたら非常に迷惑な話ですし、

こんな厄介な事件に巻き込まれたら、

せっかくのGWが台無しです。

 

原因は一体何なんでしょうか?

 

 

詳細をまとめます。

 

オススメ記事  尾道水道は泳げるのか?平尾龍磨はどうやって逃走した?

 

 

スポンサードリンク




南禅寺の異臭騒ぎの詳細

 

午前11時半ごろ、

京都市左京区の南禅寺職員から

「薬品のような刺激臭がして、喉が痛いという人がいる」

と119番通報がありました。

 

消防がかけつけたところ、

「方丈庭園」で、男性8人、女性16人が、

のどの痛みやめまいなどの体調不良を訴え

このうち20歳の寺の女性職員と

観光客3人の計4人が病院に搬送されました。

 

4人はいずれも命に別状はなく、

意識もあるということです。

 

当時、庭園には70人ほどの観光客がいて、

寺は参拝客を避難させて拝観中止にしました。

 

体調不良を訴えた参拝客は取材に対し

 

「喉がすごくいがらっぽくなって、

一緒に来た人は涙が出ていた」

 

呼吸困難みたいに

ヒューヒューゼーゼーしている女性が出てきたんで、

これ以上、奥にいったら危ないと思って引き返してきた」

などと証言しました。

 

警察などによりますと、

刺激臭がしたのは、

境内の東側にある「方丈庭園」に隣接する

トイレ周辺とみられ、

現場には防護服を着た警察官らが入っていくなど、

ものものしい雰囲気に包まれました。

 

今のところトイレ周辺に不審物は見つかっておらず、

警察は、あす3日も異臭の原因を調べることにしています。

 

 

 

異臭騒ぎがあったという、

京都の南禅寺の周辺の地図です。

 

 

 

 

異臭騒ぎのせいで、

せっかくのGWが台無しですし、

参拝に訪れた方たちからしたら

非常に迷惑な話です。

 

そして、何より気味が悪いのが

まだ原因が明かされていない点。

 

 

仮に原因がボヤ騒ぎだったとしたら

異臭騒ぎがあったとしても

「煙たい」といった意見がありそうですが、

そういった報道がされていないところを見ると、

異臭騒ぎの原因は

化学薬品の何かなのではないか?と思います。

 

 

 

スポンサードリンク




南禅寺の異臭騒ぎの原因は?

 

 

異臭騒ぎがあったというのは、

南禅寺のトイレということで、

「方丈庭園の近くで薬品のような刺激臭がする」

と通報があったことから、

火事などのボヤではないと思われます。

 

 

気になったのが、トイレという点。

 

 

トイレということは洗剤があるはずで、

「混ぜるな危険」と書いてある洗剤も

常備されてあるのではないでしょうか?

 

ということは、それを混ぜれば

当然、有毒なガスや刺激臭を発することは

そこまで難しくないような気がするのですが…。

 

 

 

「混ぜるな危険」を混ぜるとどうなる?

 

調べてみたところ、

以下のようなことが分かりました。

 

塩素系漂白剤と酸性タイプの洗剤を混ぜると

塩素ガスが発生します。

 

塩素系漂白剤は酸性タイプの洗剤だけでなく、

食酢、アルコール等と混ざったりする場合でも、

塩素ガスが発生する危険があります。

 

 

塩素系漂白剤だと

トイレハイターなどがこれに該当し、

 

酸性タイプの洗剤だと

マジックリンなどがこれに当たります。

 

 

トイレにトイレ用の洗剤が一つ以上置いてある

可能性は十分に考えられますし、

トイレに手を消毒するアルコールがあったとしても

不思議ではありません。

 

 

もしかしたら、

トイレで洗剤かアルコールを混ぜた人間がいたか、

 

まさかとは思いますが、

トイレ掃除をした人が間違えて混ぜてしまった

なんて可能性も

ゼロではないかもしれません。

 

 

 

南禅寺の異臭騒ぎにネットの声は?

 

早く原因を突き止めて欲しい。

 

 

催涙スプレーだろうな。
何でこんなことするんだろうか……
迷惑極まりない。

 

 

残念な話になるけど、

神社仏閣を守る為にも防犯カメラを設置するしかないと思う。
この異臭騒ぎを重要視して、

他の神社仏閣を含めて対策をとってほしいと思った。

 

 

催涙スプレーではないか?との声がありましたが、

催涙スプレーなら、

もう少し目立つのではないか?と思いますし、

24名もの被害者がいたのなら、

さすがに誰かは気付きそうな気がします。

 

早く原因を突き止めてほしいですね。

 

 

 

スポンサードリンク




まとめ

 

事件性があるかどうかは不明ですが、

最近は物騒な事件も多いので、

防犯カメラの重要度は

昔に比べて高くなってきたのかもしれませんね。

 

何にせよ、早く原因を究明してほしいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク




追記

 

今月2日に

京都市左京区の南禅寺で刺激臭が発生し

4人が救急搬送された騒ぎで、

市の委託業者が同寺周辺で

動物撃退用のスプレーを噴霧したことが

原因となった可能性のあることが7日、分かった。

 

 

犯人というか…

においの原因が、まさかの業者とは…。

 

イノシシやシカが出没しているから

スプレーをまいたというのは

理由としては分かりますが、

 

周囲に報告する義務があると思いますし、

いくら仕事とはいえ、

観光客への配慮が足りないのではないでしょうか?

 

 

結果的に、事件性がないことは分かりましたが、

観光客からしたら、

迷惑行為以外の何ものでもありませんし

お気の毒でした。

カテゴリ:事件  [コメント:0]



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


ページの先頭へ