納谷と清宮が似てると話題に。どちらも凄いDNAの持ち主だった!!

目安時間:約 5分

大相撲の納谷と、日本ハムの清宮幸太郎選手が似てると話題になっています。

調べていくと、お二人ともとてつもないDNAをお持ちの選手だったことが分かりました。

それでは、簡単にまとめましたので、ご覧ください。

 

納谷って、誰?

納谷幸之介(なや こうのすけ、2000年2月14日)は、

元関脇貴闘力の三男で、強豪・埼玉栄高では主将を務め、

2017年の国体少年の部を団体、個人とも制した。

今年、大嶽部屋に入門。

 

納谷の祖父が凄い人だった!

納谷の祖父は元横綱・大鵬で、

昭和の大横綱と称され、戦後最強の横綱と呼ばれることも多い。

入門当初より横綱確実の大器と評されており、

「ニ所ノ関部屋のプリンス」「ゴールデンボーイ」などの愛称があったそうです。

20歳3ヶ月の史上最年少(当時)で新関脇、

当時の史上最年少だった20歳5ヶ月で幕内最高優勝を達成し、

史上最年少で大関へ昇進。

入幕した年に大関昇進を果たした力士は2018年現在でも大鵬のみで、

同じく入幕した1960年に年間最多勝を獲得という、

賞の発足後、史上唯一の記録を打ち立てています。

また、新入幕から6場所目での初優勝は、年6場所制以降では当時の最速記録で、

21歳3ヶ月での横綱昇進は、それまでの最年少記録だった記録を大幅に更新しました。

 

平成になった今ではあまり知らない方も多いと思いますが、

当時は「巨人・大鵬・卵焼き」と、昭和時代に人気のあるものの代名詞になるほどの存在でした。

確かに、記録だけ見てもとんでもない力士だったことが分かりますね。

 

清宮幸太郎って、誰?

清宮 幸太郎(きよみや こうたろう、1999年5月25日)は、

高校通算本塁打111本の史上最多記録保持者で、

高校野球の公式戦に限った通算成績は70試合出場で

247打数100安打、打率.405、29本塁打、95打点。

米メディアでは「和製 ベーブ・ルース」と報道された。

ドラフト会議では、7球団の競合の末、北海道日本ハムファイターズへ入団。

背番号は「21」。

 

2017年の夏の甲子園では「清宮フィーバー」がありましたね。

 

清宮幸太郎のお父さんが凄い人だった!

清宮選手の父は清宮克幸氏で、元ラグビー日本代表選手

高校日本代表の主将を務め、早稲田大学進学後は2年時には日本選手権優勝、

4年時には主将として全国大学選手権で優勝しています。

全国社会人選手権や日本選手権優勝を果たすなど、素晴らしい実績の持ち主です。

引退後は早稲田大学の監督としても3度の全国大学選手権優勝に導き、

その後サントリーやヤマハの監督にも就任し、

それぞれマイクロソフトカップ、日本選手権優勝に導いています。

 

ラグビーといえば、日本代表が世界ランク3位の南アフリカ代表に逆転勝利して、

「スポーツ史上最大の番狂わせ」と報じられたり、

五郎丸選手のルーティンが話題になったり、「桜のジャージ」が売り切れになったりと、

こちらも社会現象になるほどの大フィーバーが巻き起こりましたね。

 

納谷と清宮は似てる?

二人の写真を見比べてみると、確かに似てますね!

しかもプロフィールを見てみると、生まれ年が違うだけで、

同学年の同い年なんですね。

おまけに名前は「こうのすけ」と「こうたろう」で「幸」つながりと、

なんだか不思議な縁を感じずにはいられませんw

 

よく芸能人で二世タレントなんて呼ばれる方たちがいますが、

二世スポーツ選手だと、どうしても

「スゲー選手になるんじゃないか?」

と、期待せずにはいられませんね!

 

まとめ

世の中に絶対なんて言葉はないけど、きっとこの二人は凄い選手になると思う。


yoshikimonoの値段は?レンタルはやってるの?

目安時間:約 7分

 

出典:https://www.gettyimages.co.jp/search/2/image?events=689217527&family=editorial&sort=best

 

 

X JAPANのYOSHIKIさんが手掛けている

大人気の着物ブレンド、

YOSHIKIMONOについて調べてみました!

 

 

YOSHIKIMONOの価格はどれぐらいなのか?

 

また、レンタルなどはやっているのか?

 

 

気になる情報を徹底チェック!

 

 この記事の続きを読む   


ドラマ「アンナチュラル」の主題歌、発売日はいつ?

目安時間:約 3分

石原さとみさん主演の新ドラマ「アンナチュラル」が注目されていますね。

脚本を担当したのが『逃げるは恥だが役に立つ』でおなじみの野木亜紀子ということもあり、期待が高まっています。

スポンサードリンク




 

アンナチュラルって、どんなドラマ?

法医解剖医・三澄ミコトを演じる石原さとみさんが、毎回さまざまな「死」を扱いながらも、スピード感と爽快感を持って「死」の裏側にある謎や事件を明るくスリリングに解明していく、一話完結の法医学ミステリーです。

死と対極にある生の象徴として、石原さとみさんの“食べるシーン”も、ドラマ全体のテーマでもある「生きる」ということを表しており、そこも見どころの一つです。

脇を固めるのは、窪田正孝さん、井浦新さん、超特急のカイこと小笠原海さんや、ソロで初の連ドラ出演の乃木坂46の松村沙友理さんらが名を連ねています。

 

アンナチュラルの主題歌は何?

アンナチュラルの主題歌を担当するのは米津玄師さんで、ドラマの主題歌を担当するのはこれが初めてです。

米津玄師にハマっている自分としても、新曲が気になって仕方がありません!

曲のタイトルは「Lemon」です。

 

スポンサードリンク




アンナチュラルの主題歌は、いつ発売予定?

さて、気になる新曲の「Lemon」ですが、発売日は2018年3月14日のホワイトデーです。

「アンナチュラル」を主題歌として書き下ろした楽曲ということもあり、一体どんな内容なんでしょうかね?

「Lemon」を表題としたニューシングルは、「レモン盤」「映像盤」「通常盤」の3形態で発売される予定で、「レモン盤」はグッズ付き、「映像盤」はDVD付きとなり、ジャケットは米津玄師の描き下ろしのイラストとなるそうです。

 

まとめ

いま最も勢いがあると言っても過言ではない米津玄師の活躍に、今年も目が離せません!


中田英寿が宮大工に挑戦。その理由は?

目安時間:約 4分

元サッカー選手の中田英寿さんが、宮大工への挑戦をするそうです。

宮大工って、あまり聞き馴染みのない言葉ですが、大工さんとどう違うのでしょうか?

スポンサードリンク




 

中田英寿って誰?

世界的に有名な中田英寿ですが、ご存じでない方のために簡単な紹介を。

中田 英寿(なかた ひでとし、1977年1月22日生 )は、日本・山梨県甲府市出身の元サッカー選手で元日本代表。愛称は「ヒデ」。

1995年ベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)に加入し、日本の初出場となった1998年フランスW杯では、チームの核としてグループリーグ全3試合にフル出場。

中田のプレーは海外のクラブに認められ、W杯後獲得に名乗りをあげたクラブは12にのぼり、同年7月、21歳でイタリアのセリエA・ペルージャへ移籍金470万ドルで完全移籍。

その後は、ASローマ、パルマ、ボローニャ、フィオレンティーナ、プレミアリーグのボルトン・ワンダラーズへと移籍し、2006年7月、中田は代表引退と同時に現役を引退しています。

現在はフリーランスで活動され、旅をしながら様々な慈善活動に参加しているそうです。

また、最近TVやバラエティで人気の、前園真聖さんと仲良しなのは有名な話ですね。

過去に日清ラ王のCMで共演されていたのを、よく覚えていますw

海を渡ったサッカー選手としてパイオニア的存在なのが、中田ヒデさんです。

 

宮大工とは…?

宮大工とは、神社・宮殿や寺院の建築を専門にする大工で、一般的に「大工さん」と呼ばれるのは宮大工ではなく、家屋大工のことだと考えて良いと思います。

宮大工は、木組みの技術を習得している大工で、家屋大工も木造建築を手掛けているという点に関しては宮大工と同様ですが、両者の決定的な違いはその工法にあります。

ちなみに、一般的な大工は個人差もありますが大体2~3年ほど修行すれば一通りの作業ができるようになるといわれていますが、宮大工の場合は、一人前と呼ばれるまでに最低でも10年はかかるのが一般的なんだそうです。

また、宮大工は使用する木材をすべて手作業で加工し、なんとその際に使用する道具類もすべて職人自身が作っているんだとか。

素人にはよく分かりませんが、覚えることが多そうで大変そうな仕事なんですね。

スポンサードリンク




 

中田英寿さんは、どうして宮大工に挑戦した?

中田さんは、500年の歴史を誇る寺の建替えに挑んでいます。

色々なお寺や神社を見ているうちに、宮大工に興味を持ったようですね。

 

「自分の好きなことだから…」

 

シンプルな理由ですが、自分の好きなことだからこそ宮大工に挑戦してみたようです。

好きなことを仕事にできるって、素敵ですよね。

 

まとめ

好きなことを仕事にするために、好きなことをとことん追求しよう。


豊橋の熊本ラーメン大門で豚骨ラーメンを食べてきた【ラーメンレビュー】

目安時間:約 3分

豊橋の大門という移動式のお店で豚骨ラーメンを食べました。

移動式のお店ということで、2018年現在は残念ながら豊橋にはありませんが…現在はどうやら名古屋市緑区にあるそうです。

スポンサードリンク




 

ラーメン大門

441-8006 愛知県豊橋市高洲町39−1(2016年時)

 

移動式のお店なので、店内は質素なビニルハウス。元気なお姉さんが接客をしています。

立地的には良い場所ではないのに、結構な人が並んでおり、私たちも30分ほど待ちました。

白だ黒だ赤だと、メニューは色々ありましたが、私はシンプルに白ラーメンをいただきました。

 

 

正直、豚骨ラーメンはあまり好きな方ではないのですが、ここのラーメンはあっさりしていて何杯でもイケる!と思いました。

やはり人気なのか、何杯も何杯も替え玉をしているお客さんもw

サイドメニューで餃子もありましたが、餃子もあまり好きでない私(何故ここに来たのだろうw)は、そちらも美味しくいただきました。

 

写真は撮り忘れたのでありませんが、赤ラーメンも黒ラーメンも食べたことがあり、赤ラーメンはピリ辛で美味しかったのですが、自分はマー油が少し苦手なようで、黒ラーメンは普通かな、といった印象です。

豚骨ラーメンがお好きな方は、シンプルに白ラーメンを食べてみると良いかもしれません。

 

ちなみに、私はここの豚骨ラーメンが今まで食べた中で一番好きな味だったのですが、友達はまったく美味しくないと言っていました。この違いは何だろう?w

なんとなくですが、あっさり好きには好まれる味で、こってり好きにはピンと来ない味なのかなぁ、と。

 

まとめ

大門の豚骨ラーメンは、あっさり好きの方にはきっとハマると思います。

定期的に移動をしているので、興味のある方は、まずお店が移動していないかチェックしておくと良いでしょう。


ページの先頭へ