AimerのPVに女優の浜辺美波が出演してるけど、この人は誰?

目安時間:約 2分

スポンサードリンク





AimerのPVに女優の浜辺美波が出演しているそうなのですが、この人は一体どういう方なんでしょうか?

調べてみたいと思います。

浜辺美波(はまべみなみ)って誰?

2000年8月29日生まれの女優さんで、映画『アリと恋文』主演で女優デビューしています。

2016年には、小林立の人気麻雀漫画『咲-Saki-』の実写ドラマ化作品で主人公・宮永咲役を演じ、これが連続テレビドラマ初主演なんですね。

2017年、住野よるのベストセラー小説『君の膵臓をたべたい』の実写映画化作品で、ヒロイン・山内桜良役で主演を務めました。

他にも、NHK連続テレビ小説「まれ」に桶作麻美役として出演しているので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

また、最近ではカップヌードル「HUNGRY DAYS『魔女の宅急便』」でキキの声も演じていたそうで、もしかしたらこれが一番馴染みがあるかもしれませんね。

スポンサードリンク




 

浜辺美波が出演しているPVは?

浜辺美波が出演しているPVは、Aimerの13枚目のシングル「花の唄」(2017年10月11日)で、映像では、ミステリアスでダークな空間の中、色とりどりの花に囲まれた浜辺美波が対照的に、神秘的に描かれており、劇場版『Fate/stay night [Heaven's Feel]』の世界観を彷彿とさせる演出にも注目されています。

 

まとめ

余談ですが、浜辺美波さんはコーラと炭酸水がお好きなようです。

コーラ好きの私としては、ちょっと好感が持てましたw

 

↓Aimerの花の唄はコチラからダウンロードできます↓



Aimerの代表曲は?オススメ曲をまとめてみた

目安時間:約 4分

スポンサードリンク





Aimerファンの管理人です。

Aimerの代表曲や、オススメ曲をまとめてみました。

音楽のセンスはそこそこ良いと自負している管理人なので、参考にしていただけたら幸いです。

 

 この記事の続きを読む   

干し柿にオリーブオイルをかけて食べると便秘に効果的らしい。

目安時間:約 4分

スポンサードリンク




干し柿とオリーブオイルの組み合わせで便秘解消!?

ジョブチューンという番組のあるコーナーで、

干し柿+オリーブオイルが便秘解消に効く

と紹介されていました。

便秘体質の方には朗報なのではないでしょうか?

取り組み方としても非常に簡単でオススメです!

 この記事の続きを読む   

魔女宅のキキが飛べなくなった理由って何なのさ?

目安時間:約 6分

スポンサードリンク




アラフォーが魔女の宅急便を見て感じたこと

アニメ版の魔女の宅急便がテレビでやっていたので、

アラフォーとしての感想を述べてみようかな、と。

子供の頃から、よくジブリ映画は見ていて、特にトトロなんかは数十回は見たであろう私ですが、やはり年を取るとものの見方や感じ方が変わってくるんだなぁ、とつくづく思いました。

小学生だった時の私が魔女の宅急便を見た時の感想

私が魔女宅を見たのは、確か小学生。主人公のキキと同世代ぐらいになりますね。

年齢も年齢なので客観的な目線など持ち合わせておらず、この頃に感じたことと言ったら

  • キキの性格がよく分からない
  • おソノさんが優しくて、旦那さんが無表情で恐い
  • パイのお婆ちゃんが優しくて泣ける
  • パイを受け取る孫がマジで腹立つ
  • ウルスラがサバサバしててちょっと恐い
  • トンボが人当たりが良くて明るい

こんなことを思っていました。

しかし、時の流れは残酷ですね。時間が経てば色々な経験をしたこともあってか、人間の性格というものは歪んでくるんでしょうかね。

 

アラフォーになった私が魔女の宅急便を見た時の感想

  • キキの性格がよく分からない

現在→思春期の娘ってこんな感じなんだろな、と思った。

もうね、なんちゅーワガママ娘なんだコイツは、と思ってしまうんですよ。でも、よう考えたら思春期なんてこんなもんですよね。

情緒不安定というか、さっきまで笑ってたと思ったら急に泣いてるし、飛べなくなって死にそうな顔してたのに友達が来た瞬間にニコニコしてる、みたいな。

トンボとプロペラ自転車でイチャイチャしてたと思ったら、トンボの友達が現れた瞬間にムスッとして「私は仕事があるの!付いて来ないで!」とか、もう何なん?

要は、面倒くさい年頃。

おソノさんも、よくこんな爆弾娘を迎え入れましたね。

 

  • おソノさんが優しくて、旦那さんが無表情で恐い

現在→旦那さんは優しいけど不器用な人なんだとようやく気付くw

口数が少ない人って、どうしても誤解されやすいし、特にこの旦那さんは表情も固めなんで、昔は恐そうな感じの人として見てましたけど、大人になって分かる、陰ながら支えるタイプの優しい人なんでしょうね。(あくまで個人の見解です)

 

  • パイのお婆ちゃんが優しくて泣ける→変更なし
  • パイを受け取る孫がマジで腹立つ→変更なし。異論は認めない

ニシンのパイが得意なお婆ちゃんと、電気が嫌いな婆さん。素敵なコンビですw

お婆ちゃん子だった私は、この人が出てくるとどうしても涙腺が緩んでしまうんですが、そのお婆ちゃんが作ったニシンのパイを「私、このパイ嫌いなのよねぇ」と一蹴する性格の悪そうな孫の登場により、いろんな意味で感情が揺さぶられたのは今も昔も変わらずでした。

一体、どうやったらこんな人間に育つのか。やはり核家族が原因なのか?

非常に考えさせられます。

 

  • ウルスラがサバサバしててちょっと恐い

現在→自由人ってこういう雰囲気だよね、と思う

名前だけだと誰か分からない方も多いかと思いますが、絵描きの巨乳の姉ちゃんです。

子供の頃に見た感想としては、性格がサバッサバで恐い姉ちゃんだなと思ったものですが、いま見て思った感想としては、

「うん、結構こういう人って、割と周りにいるわ」

自分らしく生き生きとみたいなのがモットーなのかもしれませんけど、確かにこういう人、たまに見かけます。で、何故か妙に強気な性格というか、気持ち強めなんですよね。

自由と無秩序を履き違えていはいけません。

 

  • トンボが人当たりが良くて明るい

現在→チャラい

子供の頃は、こんなに人当たりがイイ男の子なのに、なんでキキはこんなに毛嫌いするんだろうと不思議に思ったものですが、いま見て思うこと。チャラい。

初対面の人間に対してずいぶん距離が近いメガネだな、と。

いや、決して悪い人ではないと思うですけどね、チャラいの意味をようやく分かってきた自分からすると、このコメントが一番近い気がする。

 

どうしてキキは飛べなくなったのか?

ちなみに、自分の中で未だにハッキリしていないのが、なんでキキは、いきなり飛べなくなったのか?という点。

確かに見ていてドン臭いし、RPGゲーム的な要素を加えた話をすると、ほうきで飛ぶのってきっと精神的に安定していないとダメな気がするんですよね。

で、飛べなくなった時期に何があったのか…?というと、

  • ニシンのパイを届けた孫に会ってテンションが下がった
  • 大雨に濡れて風邪ひいた
  • トンボにパーティに誘われてときめいてた

考えられる原因としてはここら辺でしょうか?

まぁ風邪は一時的なものだったとすると、パイ事件かトンボ事件が有力なのでしょうか。

となると、やっぱり思春期独特の情緒不安定さというか、異性との色恋沙汰とか、そういうことが原因なんでしょうか?w

ちなみに、生理が来たから…なんて意見もあるそうですが、それもやっぱり思春期に関連付けられますねw

そうなると、原因をハッキリと断定することはできないにしても、やはり思春期が原因の一つと挙げられそうですね。

 

まとめ

年ごろの娘は難しい。

タグ:

カテゴリ:アニメ  [コメント:0]

卵白アレルギーは治るのか?徹底考察!!

目安時間:約 9分

これは卵白アレルギーに苦しむ男の話です

管理人は卵アレルギー。

これが原因で、子供の頃は非常に苦労したし、イジメのような感じでからかわれたりした経験もある。

ちなみに、卵アレルギーとは言うものの、実は数年前までアレルギー検査というものをしたことがなく、生の卵はアウトで、火が通ると食えなくもないレベルという、ざっくりとした感覚だったが、「卵はヤバい」という感覚だけはしっかりとあったので、とにかく卵料理はなるべく食べないように生きてきた。

ちなみに、うずらの卵というものを未だに食べた事がない。

 

実際にアレルギー検査をやってみた

アレルギー検査をやったことがないものの、「卵アレルギーなんじゃないか?」という自覚はあった。

数年前の話になりますが、理由がよく分からないのにどうしようもなく体調が優れない時期があり、診療の一環として、アレルギー検査を受けてみることに。

ちなみに私が試した検査方法は血液検査。

 

アレルギー検査をしてみて、色々と分かったことがあった。

アレルギー検査をすると、項目ごとにアレルギーのクラスというかレベルというか、数値化された結果が出される。

なんとなく身に覚えがあるものが、確信に変わる瞬間というものは、なんとも言葉にしがたいものであった。

 

  • 卵白・・・レベル6
  • 犬・・・レベル4
  • 猫・・・レベル3
  • エビ・カニ・・・レベル3

 

不思議だったのが、卵白という項目。卵黄とか卵とかじゃないんだ、と。

でもこれで卵白アレルギー確定。なるほど、まぁそうだよなw

犬猫アレルギーも身に覚えがある。昔、室内で猫を5匹も飼っているカオスな部屋に遊びに行った時、10分後には喘息で死にかけた記憶があるし。

 

ただ、少し不可思議な点もあった。エビとカニだ。

私はエビとカニは食べられるし、過去にエビやカニでアレルギー反応が出たことはない。

ちなみに私のアレルギー反応は、かゆみや喘息、蕁麻疹などだ。

症状が悪いほど、かゆみ→喘息→蕁麻疹といった具合になる。

子供の頃、ひよこ饅頭で喘息と蕁麻疹で死にかけた…なんてエピソードもある。

 

とまぁ、話は逸れたが、エビとカニはアレルギー反応が出たものの、カニやエビでそういった症状が出た覚えがない。

つまり、アレルギー反応が出たからと言っても、アレルギー確定というわけでもないようだ。

アレルギー反応≒アレルギー

なんだかややこしい話だ。

 

アレルギー検査でレベルが高くてもアレルギーじゃない可能性もある?

アレルギーについて色々と調べていくと、このような記事を見つけた。

 

クラスが上がれば上がるほどアレルギー症状が起きる確率が高くなります。

血液検査クラス0
IgE抗体の濃度が0.34(UA/ml)以下。陰性→アレルギーの疑いなし

・血液検査クラス1
IgE抗体の濃度が0.35~0.69(UA/ml)。疑陽性→アレルギーが起こる疑いあり

・血液検査クラス2
IgE抗体の濃度が0.70~3.49(UA/ml)。陽性→アレルギーが起こる可能性あり

・血液検査クラス3
IgE抗体の濃度が3.50~17.49(UA/ml)。陽性→アレルギーが起こる可能性あり

・血液検査クラス4
IgE抗体の濃度が17.50~49.99(UA/ml)。陽性→アレルギーが起こる可能性あり

・血液検査クラス5
IgE抗体の濃度が50.00~99.99(UA/ml)。陽性→アレルギーが起こる可能性あり

・血液検査クラス6
IgE抗体の濃度が100(UA/ml)以上。陽性→アレルギーが起こる可能性あり

血液検査でクラスが高かったとしても、必ずしもその物質がアレルギー症状を起こしているアレルゲンとは限りません。クラスは高いのに症状がなかったり、逆にクラスはとても低いのにそれがアレルゲンになっていると言うこともあるのだそうです。

花粉症の場合、血液検査のクラスと症状の強さは比例すると言われているので、血液検査だけでも信用性のある結果を期待できますが、その他のアレルゲンに関しては皮膚テスト、食物除去試験・食物負荷試験といった他のアレルギー検査を組み合わせてアレルゲンを判断する必要があります。

血液検査でクラスが高かったとしても直ぐにはアレルゲンと決めつけず、かかりつけの医師と相談の上追加の検査を受けることをお勧めします。

 

なるほど、感覚人間の私としては、基本的に「なんとなく、そんな気がする」感じで生活しているので、この記事は説得力があってありがたかったw

以上のことを踏まえると、エビやカニを食べても何もなかった私としては合点がいく。

 

卵白アレルギーの私はプッチンプリンなら食べられる

ちなみに余談ではあるが、卵白アレルギーの私はプリンが食べられないのだが、何故かプッチンプリンは食べられた。アレルギー反応が起こらないのだ。

この話を知り合いにすると、「本当に卵アレルギーなの?」と疑われることも多かったが、アレルギー反応が起こらないのが何よりの証拠。でも理由はよく分からない。

不思議に思っていたのだが、最近その答えがようやく分かった。

なんとなんと、卵白が入っていないのだ!(卵粉という聞き慣れない謎の物質が入っているが)

この真実に気づいた時、なんとなくこういうお菓子ってヤバそうだなと思ってしまったのだが、話が逸れそうなので割愛しますw

 

卵白アレルギーは治るのか?

卵白アレルギーは治るんだろうか?

治るのならそれに越したことはないし、願わくばこんな体質とはオサラバしたい。

 

経口免疫療法という治療法を見つけたので、記しておきたい。

経口免疫療法とは、経口負荷試験によって症状が誘発される量を調べ、その量を基準にして、専門の医師の管理のもとで段階的に食べる量を増やしながら、最終的に耐性を獲得させることをめざす取り組みです。

要は、アレルギー反応が出ない範囲で少しずつ食ってみて、食べる量を増やしてみましょうってことですね。

 

うん、ハッキリ言って、メッチャ恐い。

 

経口免疫療法で治る割合は?

経口免疫療法で完全に食べられるようになる人の割合がどのくらいかは分かっていませんが、固ゆでの卵1個分程度までなら、かなりのお子さんが食べられるようになります。ただし、1年で達成する人もいれば5年以上かかる人もいます。経口負荷試験をしたとき、より少量で症状が出てしまうお子さんや、血液検査で卵(特に卵に含まれるオボムコイドという成分)の特異的IgE抗体の値が高いお子さんほど、治るまでの時間が長くなります。また、湿疹があると治りにくいので、外用剤でしっかりきれいにしておきましょう。

やはり色々な薬とお付き合いしながら完治させる方法が一番の近道なのだろうか…?

 

まとめ

  • アレルギー反応が出ない程度に少しずつ食べてみましょう
  • 時間はかかるかもしれません
  • 湿疹が出たら薬塗ってくださいね
  • でも治るかどうかは分かりません

 

ということらしい。

まずは信用できそうなお医者さんを見つけるのが良いかもしれませんね。

ページの先頭へ