プロテインケミカル 工場爆発!オレンジ色の煙の原因は何?

目安時間:約 7分

 

7月2日午後1時45分ごろ、

福井県若狭町の

「プロテインケミカル」の福井工場で爆発があり、

 

11人が搬送され、うち男性1人が死亡、

別の男性1人が重体のようです。

 

現場では、

見たことのない色の煙が舞っていました。

 

 

原因は一体、何だったのでしょう?

 

詳細をまとめます。

 

スポンサードリンク




プロテインケミカルの工場が爆発!

 

事故があったと思われる

プロテインケミカル福井工場の地図です。

 

 

 

現場周囲は工場地帯のようですが、

さすがに爆発があったら、

タダ事ではありませんし、

 

まず、その爆発の煙の色に驚いた方も

多いかと思います。

 

 

 

爆発があったことも恐ろしいですが、

このオレンジ色の煙がスゴい…。

 

一瞬CGかと思えてしまいますし、

かなりヤバい薬品が爆発したんじゃないかと

勘違いしてしまう人もいそうです。

 

 

プロテインケミカルでは、

医薬品原料や飲料向けのアミノ酸を製造しており、

硝酸が爆発したと見られています。

 

 

では、原因は何だったのでしょう?

 

 

 

スポンサードリンク




プロテインケミカル工場の爆発の原因は?

 

工場で硝酸を合成する作業中に

爆発が起きたと話しているようで、

 

仕事中に何らかのミスが生じて

このような爆発を招いてしまったのでは?と思います。

 

 

 

 

この爆発事故で、

39歳の男性が亡くなっており、

18歳の男性が意識不明の重体、

 

その他にも、

爆発の煙を吸ってしまった方が

「気分が悪い」などと訴えているようです。

 

 

「化学薬品」と聞くと、

あまり体に良くなさそうなイメージもありますし、

後遺症などがないか、心配です。

 

 

 

スポンサードリンク




硝酸が爆発した理由や原因は?

 

 

調べてみたところ…

 

硝酸そのものは、

可燃物と接触をしない限り爆発はしないようで、

また、高温になると

急激な分解反応を起こして爆発するようです。

 

 

ということは、

近くに可燃性のものがあった、

ということが考えられます。

 

 

工場にありそうな可燃物…?

 

 

 

誰かのライターが爆発した?

 

もし、工場内に喫煙者がいたとしたら

ライターを持っていても

不思議ではありませんし、

それが引火して爆発した…とか?

 

 

夏の暑い日なんかに、

車の中にライターを放置しておいたら

爆発をした、という事例もあるぐらいですから、

 

今日のように暑い日なら

そういったことが起きても

不思議ではないのかもしれませんが…

 

 

 

粉塵爆発?

 

粉塵爆発(ふんじんばくはつ)とは、ある一定の濃度の可燃性の粉塵が大気などの気体中に浮遊した状態で、火花などにより引火して爆発を起こす現象のこと。

 

 

工場内ということで、

ホコリなどは多く舞っていそうな気はしますし、

火がなくとも「火花」なら

起こりうる可能性があるのではないかと。

 

 

 

スポンサードリンク




プロテインケミカル工場爆発の詳細

 

2日午後1時45分、福井県若狭町若狭テクノバレーにある「プロテインケミカル」(東京)の福井工場で、「爆発音がし黄色い煙が出ている」と別の工場の従業員から119番があった。

 

県警小浜署などによると、男性6人、女性6人が救急搬送され、このうち男性従業員(39)の死亡が確認された。

 

消防によると、別の男性従業員(18)も呼び掛けに反応しないという。

残る10人は軽症の見込み。

 

同社によると、福井工場では医薬品などの原料のもとになる化学物質を製造しており、従業員は約25人。

同署が爆発の原因などを調べている。

 

 

 

スポンサードリンク




まとめ

 

どういったことが原因で

爆発があったのかは定かではないにせよ、

 

化学薬品を扱う工場では、

こういった爆発事故が起こりうるんですね…。

 

 

原因の究明もですが、

付近に住んでいる方たちが安心できるよう、

再びこういった事故がないことを祈ります。


カテゴリ:事件  [コメント:0]



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

ページの先頭へ