洗面台の黄ばみはクエン酸では落としきれない?頑固な汚れを落とす方法

目安時間:約 6分

 

 

洗面台は毎日使う場所です。

 

毎日顔を洗って、歯を磨く場所ですが、

毎日使う場所だからこそ汚れやすいのです。

 

 

洗面台を使った後に、

水をかけて綺麗になると思ってしまいがちですが、

石鹸や洗顔フォーム、

歯磨き粉は洗い流せたとしても、

水が残っていると、

水垢、そして黄ばみが発生してしまいます。

 

 

なぜ黄ばみになってしまうのか。

 

 

水は蒸発しても、

水道水に含まれている

ミネラルや塩素が残ってしまうのです。

 

その残ってしまったミネラルや塩素が、

黄ばみの正体だったのです。

 

 

気づくとできている

黄ばみを簡単に落とす方法を紹介していきます。

 

 

 

洗面台の黄ばみを綺麗に落とす?簡単にピカピカにする方法

 

 

 

こまめに掃除をしていても、

水滴が残っていると黄ばみは発生します。

 

洗面台は毎日使う場所だから、

キレイにしたいけど毎日掃除は大変です。

 

気づいた頃にはもういる黄ばみを、

簡単に落とす方法を紹介していきます。

 

 

 

 

黄ばみの原因のカルシウムは

アルカリ性の性質なので、

反対の性質である酸性のもので、簡単に落とすことができます。

 

また、酸性の洗剤でなくても、

家にある「酢」で簡単に黄ばみを落とすことができます。

 

 

酢をキッチンペーパーや

ティッシュペーパーに染み込ませたものを、

黄ばみの上に置いて

1時間ほどそのまま放置するだけです。

 

そのあとは、キッチンペーパーや

ティッシュペーパーをとって、

スポンジで黄ばみをこすると

簡単に落とすことができます。

 

酢を染み込ませて、

黄ばみにかぶせるのは1分もかからずにできます。

 

 

 

 

 

酢の匂いが気になる方は、

「レモンと塩」でも落とせます。

 

レモンを半分に切り、

その切り口に塩をつけて、

黄ばみをこすって水拭きをするだけです。

 

この方法でも黄ばみを落とすことができます。

 

 

酢よりも手間は増えますが、

匂いは気にならないので

自宅にあるもので簡単に落とすことができます。

 

黄ばみに悩んでいる方は、

今すぐにでも実践できるので、ぜひ試して見てください。

 

 

スポンサードリンク




洗面台の黄ばみは落とすだけじゃだめ!簡単にできる予防を紹介!

 

 

 

簡単に黄ばみを落とす方法を紹介しましたが、

黄ばみが発生する前に予防をすることが大切です。

 

 

黄ばみの原因は、

水道水に含まれているミネラルや塩素です。

 

洗面台を使ったあとに水で汚れを流して、

タオルで水分を拭き取ることで、

黄ばみができにくくなります。

 

 

しかし毎回水分を拭き取るのは大変です。

 

 

 

 

そういう方は2〜3日に1回

メラニンスポンジを使うのがオススメです。

 

メラニンスポンジを浸して掃除し、

水道水で洗い流したあとタオルで吹きます。

 

 

黄ばみを簡単に落とす方法もありますが、

予防をすることが大切です。

 

 

 

スポンサードリンク




まとめ

 

毎日の掃除は大変ですが、

黄ばみができてしまってから

掃除をする方が大変ではないでしょうか?

 

毎日使う場所だからこそ、キレイな洗面台を保ちましょう。




コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ