篠原禎好 動機や顔画像は?報復行為が小さすぎる男の言い分とは?

目安時間:約 6分

三重県四日市市の

東名阪自動車道のサービスエリアで、

 

「前に割り込まれたことに腹が立った」と、

相手の男性の車に傷をつけた

会社員の男が逮捕されました。

 

 

あおり運転や無免許運転で逮捕される人が多い中、

こんな些細なことで腹を立てる人もいるようです。

 

人としての器が小さすぎます。

 

 

こんなことで腹を立てるなら

車を運転するべきではないかと思います。

 

 

詳細をまとめます。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク




篠原禎好の顔画像やプロフィールは?

 

顔画像などは報道されておらず、調べてみましたが、

本人の画像と思われるものは見つかりませんでした。

 

 

また、Facebookなどのアカウントも調べたところ、

同姓同名のアカウントはありましたが、

本人のものと思われるアカウントは特定できませんでした。

 

 

容疑者のプロフィールです。

 

 

名前:篠原禎好
年齢:49歳

職業:会社員

住所:三重県四日市市

 

 

篠原容疑者は、相手の男性の車の

運転席側の泥除けから後ろのドアにかけて、

およそ1メートルにわたって持っていた鍵で傷をつけた

ということです。

 

 

車に割り込まれた程度で腹を立て、

しかも男性が車を離れているスキを狙って

報復行為に走るとは、かなり悪質な行為です。

 

 

こんなことでイライラするなら

自動車を運転しないようにするとか、

休憩をするなど、

 

気分転換をするように心掛けないと

もっと悪質な行為をしていた恐れもあります。

 

 

 

スポンサードリンク




篠原禎好の動機は?

 

篠原容疑者は

「高速道路上で前に割り込んできたことに腹が立った」

供述しているようです。

 

 

自動車を運転していたら

他の車に割り込まれることもあれば

追い抜かれることもあると思いますが、

 

その度にイライラするのであれば

自動車を運転するべきではありませんし、

 

こんなことで周囲に迷惑をかけるのであれば、

一から免許を取り直した方が良いのではないでしょうか?

 

 

篠原容疑者の車に割り込んだ方に

悪意があったかどうかは別にしても、

 

こんなことで愛車に傷を付けられるだなんて

たまったもんじゃありません。

 

 

 

スポンサードリンク




篠原禎好の事件の詳細は?

 

三重県四日市市の

東名阪自動車道のサービスエリアで、

交通トラブルとなった相手の男性の車に

傷をつけたとして会社員の男が逮捕されました。

 

逮捕されたのは

四日市市の会社員・篠原禎好容疑者(49)です。

 

篠原容疑者は29日午後1時ごろ、

東名阪自動車道のサービスエリア

「EXPASA御在所」で、

 

交通トラブルとなった

神奈川県の会社員の男性(50)の車に

傷を付けた疑いが持たれています。

 

篠原容疑者は男性が車を離れている間に、

運転席側の泥除けから後ろのドアにかけて、

およそ1メートルにわたって持っていた鍵で傷をつけましたが、

戻ってきた男性にみつかったということです。

 

調べに対し、篠原容疑者は

「高速道路上で前に割り込んできたことに腹が立った」

と容疑を認めています。

 

 

 

スポンサードリンク




まとめ

 

今回の事件は

「人」が「車」に傷を付けるという

珍しいケースでしたが、

 

自動車を運転する以上、

すぐにイライラする人の運転には

付き合いたくありませんし、

 

いつか事故などを起こして周囲に危害を加えそうです。

 

 

運転マナーに関しては

他人がどうすることもできませんし、

一人一人が意識することしかできないと思います。

 

もう少し思いやりを持って運転してほしいものです。

 

 

 

カテゴリ:事件  [コメント:0]



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ