白井良宗の画像や車種は?時速235キロで高速をぶっ飛ばす不敵な笑みを浮かべる男とは…

目安時間:約 4分

東京・国立市の中央自動車道で、

法定速度を135キロオーバーした時速235キロで車を運転したとして

41歳の男が逮捕されました。

 

235キロ!?

もうF1の世界ですよね。

俗にいう、スピード狂というやつなのでしょうか?

 

詳細をまとめます。

 

オススメ記事  東名高速で大事故を起こした岐阜県各務原市の大学生は誰でどこの大学生なのか?徹底調査!!

 

スポンサードリンク




事件があったのは国立市の中央自動車道

白井良宗容疑者はおととし1月、

国立市の中央自動車道で、

時速100キロの法定速度を135キロ超える

時速235キロで車を運転した疑いが持たれています。

 

警視庁によりますと、

現場の自動速度取締機、通称「オービス」に

前方のナンバープレートを外したスポーツカーが映っていて、

所有者の白井容疑者が浮上しました。

 

白井容疑者はおととし、

都内の別のオービスに向かって中指を立てながら

速度違反をする姿が映っていて、

これまでに同じ車で5回以上の速度違反を繰り返していたということです。

 

白井容疑者は

「自分かどうか分からないので、認めません」

と容疑を否認しています。

 

時速230km以上のスピード違反の検挙は、全国で初めて。

 

中央自動車道の周辺の地図です。

 

白井容疑者の乗っていた車種は?

白井容疑者は、

アメリカ製の車に乗っていたということですが、

 

車種は、モンスター級スポーツカーとよばれる

米国のブランド「ダッジ」の

「チャレンジャー」というスポーツカーのようで、

その排気量は6400CCなんだとか!!

車の色までは報道されていませんが、

恐らくこういった型の車なのでは?と思われます。

 

こんな車で走っていたら嫌でも目立つと思うのですが、

オービスに映っているのに容疑を否認する白井容疑者は、

一体どういう神経をしているのでしょうか?

 

 

ちなみに、時速230km以上のスピード違反の検挙は、

全国で初めてということで、

逮捕された白井容疑者からしたら名誉かもしれませんが、

こんなもん、ただただカッコ悪いですよね。

 

スポンサードリンク




ネットの声は?

  • 生涯免許剥奪が妥当。
  • 何よりオービスの性能の良さにビビるw
  • まぁ珍しいクルマに乗っていればバレるよな。
  • 他人を巻き込む前に捕まって良かった
  • 逮捕されて連行されるときの映像を見たが、ニヤニヤ笑ってまったく反省が感じられなかった。

「この人は免許を持ってはいけない」といったような

コメントが多かったですね。

そんなにスピードを出したいなら、

死ぬ気でF1レーサーを目指せばいいのに…。

 

まとめ

速い車に乗ったら

スピードを出したくなる気持ちも分からなくもないですが、

今回のケースは、危険すぎますよね。

もしこれで事故にでもなっていたら、

とんでもない事態になっていた可能性がありますし、

大事になる前の逮捕で、良かったのではないかと思います。


カテゴリ:事件  [コメント:0]



comment closed

最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

ページの先頭へ