北九州小倉営業所で青酸ソーダ1kgが盗難!?5千人分の致死量!!

目安時間:約 4分

山口県下関市の小倉営業所で、

シアン化ナトリウム(青酸ソーダ)約1キロがなくなったそうです。

5千人分の致死量に相当し、紛失または盗難とみられているんだとか。

詳細を調べてみました。

 

青酸ソーダ1kgが盗難!?

北九州市は31日、小倉北区の化学薬品卸業者から

シアン化ナトリウム(青酸ソーダ)約1キロがなくなったと発表した。

5千人分の致死量に相当し、紛失または盗難とみられるという。

 

紛失したのはコタベ(山口県下関市)の小倉営業所。

31日午前10時ごろ、営業所内で

500グラム入り容器2本がなくなっているのに従業員が気づき、

市保健所に報告した。

 

シアン化ナトリウムは専用の倉庫で保管しており、

業者側の説明では30日朝の確認では異常がなかった。

倉庫は施錠されていたという。

 

市保健所は、毒劇物取締法に基づき、

警察に届け出るよう同社に指導したという。

 

青酸ソーダは…名前を聞いたことはありますが、

こんなものを盗んで一体どうするんでしょうか?

テロにでも悪用されたら、とんでもない事件になりそうですね…。

 

シアン化ナトリウム(青酸ソーダ)とは?

  • 化学的および生理的性質はシアン化カリウム(青酸カリ…毒物の代名詞的存在)に類似している。
  • 鍍金(ときん)(金属または非金属の表面を他の金属の薄膜で覆うこと。)や、工業的に広く用いられる。
  • 脊椎動物がこの物質を摂取すると、細胞死を引き起こすとされる。
  • 毒物及び劇物取締法で、毒物に指定されている。
  • 経口致死量は成人の場合 200~300 mg/人 と推定されている。

 

かなり危険なものが、紛失か盗難されたことがお分かりかと思います。

紛失なら、もしかしたらどこかから出てくるかもしれませんが、

盗難されていたら…と考えると、気が気でないですね…。

 

シアン化ナトリウム(青酸ソーダ)で過去にはこんな事件も。

2015年8月12日に、中国天津市の倉庫で大規模な爆発事故が起こり、

シアン化ナトリウムが流出。

倉庫には、硝酸アンモニウム約800トン、硝酸カリウム約500トン、

シアン化ナトリウム類約2000トンなど保管されており、

消防隊による化学物質への放水が爆発の原因とされた。

爆発の影響で避難所となっていた小学校にいた住民たちが

再度避難することになった。

また、救援作業中の部隊は爆発現場の半径3キロメートル以内から

緊急避難するよう命じられた。

 

周辺住民も含めて死者165人、行方不明者8人、

負傷者798人の惨事となった。

 

事件が起こったのは中国ですが、

このニュースはかなり衝撃的でしたね。

深刻な事態にならないように祈るばかりです。

 

ネットでの反応は?

  • 超絶にマズい事件だと思うけど。
  • おいおい…五千人に影響出たらどうすんだよ?
  • 地下鉄サリン事件みたいに使用されたらと思うと怖すぎる。
  • 5千人って、テロに使われたら大変…。
  • 仮想通貨紛失よりヤバいと思う。

ネットでも非常に戦々恐々としていますね。

 

シアン化ナトリウムが悪用される前に、

一刻も早く犯人か現物が見つかることを願っています。

オススメ記事  田代将臣の違法賭博店、大阪ミナミのアップサイドで22名もの逮捕者!

カテゴリ:事件  [コメント:0]



comment closed

ページの先頭へ