高木秀彰の動機や画像は?海門寺の住職は大麻を信仰する男だった!

目安時間:約 7分

 

神奈川県大和市の住職が、

乾燥大麻を譲り受けて逮捕されています。

 

介護士の男と、JR西船橋駅の構内で待ち合わせ、

3万円で購入したということです。

 

また、介護士の男も、他の男と共謀して自宅で

大麻草89本を栽培していたようです。

 

お寺の住職がこういった犯罪に手を染めているのを見ると、

非常に不快ですし、何が目的だったんでしょうか?

 

詳細をまとめます。

 

スポンサードリンク




高木秀彰の顔画像は?

 

 

高木容疑者のプロフィールです。

 

名前:高木秀彰
年齢:38歳

職業:海門寺住職

住所:神奈川県大和市

 

 

Facebookなどのアカウントも調べたところ、

同姓同名のアカウントはありましたが、

本人のものと思われるアカウントは特定できませんでした。

 

画像だけ見ると、人の良さそうなおじさんといった感じですが、

人は見た目だけでは判断できない、典型的な例ではないでしょうか?

 

こんな人が大麻に手を出していたのを知った瞬間、

近所の方たちは何を思うのでしょうか?

 

また、何が目的で大麻に手を出してしまったのでしょうか?

 

 

高木秀彰の薬物事件の詳細

 

神奈川県大和市の住職の男が大麻を譲り受けたとして

警視庁に逮捕されました。

 

逮捕されたのは浄土真宗本願寺派「海門寺」の住職、

高木秀彰容疑者(38)で、

今年2月、乾燥大麻5グラムを譲り受けた疑いが持たれています。

 

高木容疑者は以前から取り引きがあった

介護士の男(36)と、千葉県のJR西船橋駅の構内で待ち合わせ、

3万円で購入したということです。

 

介護士の男も、他の男と共謀して自宅で

大麻草89本を栽培していたなどとして既に逮捕されています。

 

高木容疑者の自宅からは別の違法薬物も見つかっているということで、

警視庁がさらに詳しく調べています。

 

 

 

 

高木容疑者が勤めているという、

神奈川県大和市の、海門寺周辺の地図と、海門寺の画像です。

 

画像を見るだけだと普通のお寺ですが、

ここに大麻をやってる人がいると思うと、また違って見えます。

 

高木容疑者も、大麻がヤバいものと分かっているはずでしょうし、

何が原因で大麻に手を出してしまったのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク




高木秀彰の犯行の動機は?

 

 

 

動機などの詳細は明かされていませんが、

共犯者があと2人いるようで、

そのうちの1人から大麻を3万円で購入していたとのことです。

 

 

 

 

他に逮捕された2名は、

元介護士飯塚純平(38)=同市西船=、

無職佐藤健二(39)=同県市川市鬼高=です。

 

 

3人の自宅から2月、大麻草のほか、

乾燥大麻約420グラム(末端価格250万円相当)や

覚せい剤約160グラム(同960万円相当)などを発見。

 

 

大麻草89本という数字にも引きますが、

かなりの数の違法薬物を所持していたのが分かります。

 

これを売りさばいていたのか、

それとも、自身でも使用していたのか、

何にせよ、これだけの数の薬物を扱っているわけですから、

けっこうな販売ルートがあったのではないかと思われますし、

千葉県のJR西船橋駅の構内で受け渡しをしていたということですので、

もしかしたら、地元ではちょっとした噂になっていたのかもしれません。

 

 

高木秀彰の逮捕にネットの声は?

 

やっぱり神様は見ていらっしゃいますよ。
悪いことは出来ませんね。

 

 

この生臭坊主め

 

 

自分で使ったのか転売目的なのか分かりませんが、

職業で人は判断できませんな。

 

 

近所では「愛想の良い好青年」と思われているような住職が、

こういったことに手を染めてしまうのを知ると、

お寺にお参りに来ている人からしたら、

 

二度とその寺には行きたくないでしょうし、

信頼を回復するには、かなり時間がかかるのではないでしょうか?

 

 

まとめ

 

大麻で摘発される人間を見ると、何とも言えない気持ちになりますが、

聖職者の犯罪行為を知ると、なんだか非常に騙されたような気分になります。

 

住職が人の道から外れた行為をした以上、

できる限りの懺悔をしてほしいと思います。

 

 

スポンサードリンク




オススメ記事  川村心のFacebookは?危険ドラッグ服用で山梨県韮崎市の国道で大事故!

カテゴリ:事件  [コメント:0]



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


ページの先頭へ