田中桃子 動機や顔画像は?虐待の理由は家族構成に問題アリ?

目安時間:約 6分

 

 

生後間もない長女を虐待し、

大けがをさせたとして、

半田市の自称看護師の女性が逮捕されました。

 

生後1~2カ月の長女の頭を

拳で殴るなどし、

左頭頂骨骨折などの傷害を負わせた疑いが

持たれており、

後遺症が残る可能性もあるとのこと。

 

 

生後1~2ヶ月といったら

まだ身体もできあがっていないというか、

骨格も柔らかいでしょうし

にわかには信じがたい行為です。

 

 

詳細をまとめます。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク




田中桃子の顔画像やプロフィールは?

 

田中容疑者の顔画像などは

報道されておらず、調べてみましたが、

本人の画像と思われるものは見つかりませんでした。

 

 

また、Facebookなどのアカウントも調べたところ、

同姓同名のアカウントはありましたが、

本人のものと思われるアカウントは特定できませんでした。

 

 

田中容疑者のプロフィールです。

 

 

名前:田中桃子
年齢:24歳

職業:自称・看護師

住所:愛知県半田市

 

 

自称とはいえ、

看護師という職業の人間が

乳児を虐待したことに

ものすごく違和感を覚えます。

 

 

年齢も24歳なので、

特別に若い母親というわけでもないと思います。

 

 

子育てが決して簡単なものではないですが、

イライラして暴力をふるってしまうほど

精神的に追い込まれていたのでしょうか?

 

 

一体、何が彼女をそうさせたのでしょうか?

 

 

 

スポンサードリンク




田中桃子の動機は?

 

「泣きやまないのでいら立った」

供述していることから

突発的な事故のようにも思えます。

 

 

田中容疑者の家族構成は

夫と長女、夫の両親と姉、弟の計7人家族のようですが、

 

これだけ人数がいたら

子育てに協力してくれそうな人が

一人ぐらいはいそうな気がしますし、

そういう環境ではなかったのでしょうか?

 

それとも、この家庭環境に

何かしらの原因があったのでしょうか?

 

 

実の子供を殴るなど、

親としてあってはならないことですが、

 

田中容疑者が育児ノイローゼだったとか、

精神的な問題を抱えていたのなら

話はまた違ってきます。

 

 

母親の子育てを祖母などが手伝うことが

できなかった、またはできる環境ではなかったにせよ、

 

これだけの大所帯なら

今回のような虐待が起こる前に

家族の誰かが田中容疑者のSOSに

気付いても良さそうな気はします…。

 

 

 

スポンサードリンク




田中桃子の事件の詳細は?

 

生後間もない長女を虐待し

大けがをさせたとして、

 

愛知県警半田署は30日、

傷害容疑で同県半田市の

自称看護師、田中桃子容疑者(24)を逮捕した。

 

 

同署によると、

「泣きやまないのでいら立った」

と容疑を認めている。

 

 

長女は現在も入院中で、

後遺症が残る可能性があるという。

 

 

逮捕容疑は昨年6月21日と7月26日ごろ、

自宅で生後1~2カ月だった長女の頭を

拳で殴るなどし、左頭頂骨骨折などの傷害を負わせた疑い

 

 

同署によると、田中容疑者は当時、

夫と長女、夫の両親と姉、弟の計7人で暮らしていた。

 

 

7月27日、長女が嘔吐(おうと)するなどしたため、

義母と同容疑者が地元の小児科に連れて行き、

直ちに病院に移されたという。

 

 

 

スポンサードリンク




まとめ

 

子供の虐待事件が

最近、多いように感じますが、

赤ちゃんには何の罪もないのに気の毒です。

 

 

育児によるストレスなどは

言葉で言い表せられるほど簡単ではないと思いますが、

 

母親も一人の人間ですから

失敗や過ちを犯してしまう時もあるでしょう。

 

 

そういう時に、家族がどうフォローするかが

重要なのだと思いますし、

 

そういった思いやりを持つことで

虐待などの事件を

未然に防ぐこともできるのではないでしょうか?

カテゴリ:事件  [コメント:0]



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ