台湾花蓮大地震!!ホテルや統帥大飯店が傾斜。被害が最も大きい場所は…?

目安時間:約 2分

台湾東部の沖合でマグニチュード6.4の大きな地震があり、

花蓮市ではホテル「統帥大飯店」など

複数の建物が傾斜したと伝えられています。

 

 

こちらがホテル「統帥大飯店」ですが、

このような頑丈そうなホテルが傾くということは…

耐震度の低そうな民家などは、

もっと大きな被害にあっているのではないかと予想されますね…。

スポンサードリンク




 

他にも被害が大きな地域は…?

花蓮市のほか、北東部の宜蘭県南澚でも震度7を観測しており、

中部の南投県合歓山で震度5、同じく中部の台中市徳基で震度4、

北部の桃園市三光や台北市、南部の台南市佳里では震度3を記録、

台湾海峡に浮かぶ澎湖島でも震度1を観測しているとのこと。

 

また、この付近では、

約2日前の2月4日の深夜にも

マグニチュード6.5の地震が発生していたようで、

この後も余震や、さらに大きな揺れが起こる可能性も考えられます。

 

地震が起こったのが深夜帯ということで、

眠っていた方も多いと思います。

一人でも多くの方が無事だといいのですが…。

スポンサードリンク




 

安否確認はどうなってるの?生存者は…?

7時現在の情報です。

少なくとも2人が死亡したほか、200人以上が負傷している模様です。

また、倒壊したホテルから、

日本人旅行客30人は救出されたようです!

今のところ、日本人が被害に遭ったという情報はないようですが、

一人でも多くの安否が確認されることを祈っています!


カテゴリ:事件  [コメント:0]



comment closed

最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

ページの先頭へ