山下陽持のTwitterや犯行動機は?盗んだスマホで撮影した動画の内容とは?

目安時間:約 8分

 

JR山手線の車内で

スマホ1台を盗んだ男が逮捕されました。

 

この男は、盗んだスマホでわいせつな動画を撮影し、

ツイッターに投稿していたということです。

 

 

非常に不快で

気持ちの悪い話です。

 

スマホを盗まれた方も、

まさかこのような使われ方をされていたとは

夢にも思わなかったでしょう。

 

 

詳細をまとめます。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク




山下陽持の事件の詳細

 

JR山手線の車内で

スマートフォン1台を盗んだとして、

会社員の男が逮捕されました。

 

男は盗んだスマホでわいせつな動画を撮影し、

ツイッターに投稿していたということです。

 

山下陽持容疑者(33)は

おととし8月、JR山手線の車内で、

女性(当時40)のかばんの中から

スマホ1台を盗んだ疑いが持たれています。

 

警視庁によりますと、

去年、山下容疑者が盗んだスマホを使って

女性に体液を掛ける動画を撮影し、

東京・足立区内のコンビニ店の公衆無線、

Wi-Fiを使ってツイッターに投稿していたことから

事件が発覚しました。

 

スマホからは同様の動画が35人分、

見つかったということです。

 

山下容疑者は

「座席にあったスマホを取っただけ」

などと容疑を否認しています。

 

 

 

 

JRの車内に

このような男が乗っているかと思うと、

女性からしたら

気味が悪くて仕方ないと思いますし、

 

悪用をされないよう、

スマホは厳重に守るべきでしょう。

 

 

また、やっていることが意味不明で、

普通の人では理解できないほど

おかしな性癖の持ち主かと…。

 

 

 

スポンサードリンク




山下陽持のプロフィール

 

 

 

容疑者のプロフィールです。

 

 

名前:山下陽持
年齢:33歳

職業:会社員(派遣社員)

住所:千葉県柏市桜台

 

 

わいせつな動画を投稿したとされる

山下容疑者のTwitterのアカウントも調べましたが、

特定できませんでした。

 

 

 

スポンサードリンク




山下陽持の犯行の動機は?

 

 

「座席にあったスマホをとっただけ」

と供述していますが、

 

体液を女性にかける様子を投稿することで、

同じ趣味の人に認めてもらいたかった。

自分の携帯を使うと身元がばれて警察に捕まると思った」

 

とも供述しています。

 

 

とはいえ、

その動画を投稿して認めてもらえたら

何が満足なのかもよく分かりませんし、

 

だったらTwitterではなくて、

そういったサイトを探せば良かったのでは…?

と思えます。

 

 

何にせよ、人のスマホを盗んだ時点でアウトですし、

そのスマホに気持ち悪い動画を撮影するのは

倫理的にも人間的にもアウトではないかと。

 

 

 

山下陽持の撮影した動画の内容とは?

 

以下のような報道がされています。

 

駅のエスカレーターなどで、

 

女性に後ろから自分の体液をかけた様子を撮影した

わいせつな動画をツイッターに投稿するため、

 

スマートフォンを盗んだとみられている。

 

 

ということは、

スマホの窃盗だけでなく、

 

女性に自分の体液をかけるという

信じがたい行為をしていたようです。

 

 

これは…

ちょっとヤバい系の動画に

影響されすぎではないでしょうか?

 

 

体液をかけられた女性からしたら

トラウマレベルの気持ち悪さですし、

 

「気の毒」の一言では済まされないレベルです。

 

 

ちなみに、こういったケースは

 

  • 器物損壊罪
  • 強制わいせつ罪

 

などが適用されるようです。

 

 

 

スポンサードリンク




山下陽持の逮捕にネットの声は?

 

性癖歪みすぎ

 

 

結局どこが一番の罪なのかわからないくらい

屈折している。

 

 

「座席にあったスマホを取っただけ」
窃盗やんか。

 

 

 

ネットのコメントも

やや引いている感じがします。

 

 

世の中には色んな人がいるとは言え、

ちょっと今回のケースは

理解しがたいと言うか、

 

それこそ山下容疑者と「同じ趣味の人」が

あまりいないような気がしますが…。

 

 

 

スポンサードリンク




まとめ

 

人のスマホを盗んだり、

気持ちの悪い動画を撮影したりと、

 

山下容疑者は

色んな意味で手癖の悪い人間だった

ことが分かりました。

 

 

こんな人間が他にもいるかもしれないと思うと

ゾッとしますし、

同じような犯罪が起こらないことを祈るばかりです。




コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

ページの先頭へ